上本「つば九郎とかけまして、丸さんと解く」その心は?

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/18
No image

広島・丸佳浩のモノマネをする広島・上本崇司=2015年

「広島-ヤクルト」(16日、マツダスタジアム)

優勝マジック「1」の広島。37年ぶりの連覇が懸かる一戦を前に、上本崇司内野手(27)がマツダスタジアムに隣接する室内練習場で行われた試合前練習の声出しをし、円陣を爆笑が包んだ。

スタメン発表などを行った後、上本が輪の中心へ。「つば九郎とかけてまして丸さんと解きます。その心はどちらも顔がでかい」と謎かけのような声出しをし、チームメートを和ませた。

14日のDeNA戦(マツダ)前にも「優勝間近とかけまして、熱気球と解きます。その心はどっちもきたい(期待・気体)がふくらむでしょう」と披露し盛り上げていた。

練習後、上本は「今日のは謎かけではないですね。いつも自分で考えています」と入念な準備し、ムードメーカーとして一役買っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清宮、プロ志望届提出の意思固める 近日中に会見
日本ハム大谷うなる剛速球、デスパイネに162キロ
相手に重圧を与える代走の切り札の存在 意思統一された広島の走塁
巨人戦で左翼スタンドから物が投げ込まれる 福留の頭上を通過
昨季はマツダでビールの売り子 STU48瀧野「本当に最高」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加