新潟見えぬ残留圏 19試合ぶり2得点も4発に沈む

新潟見えぬ残留圏 19試合ぶり2得点も4発に沈む

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17
No image

鹿島に敗れ引き揚げる新潟イレブン(共同)

<明治安田生命J1:新潟2-4鹿島>◇第26節◇16日◇デンカS

アルビレックス新潟の未勝利は14試合に伸びた。前半に2点リードする絶好の展開をものにできず、後半に4失点で逆転負けした。

2得点以上したのは、4月の甲府戦以来19試合ぶりになる。前半5分にFWドウグラス・タンキ(23)がMF小川佳純(33)のクロスを左足で押し込んで先制した。前半45分には、MF磯村亮太(26)のクロスにMFホニ(22)が合わせた。

ホニが「ここにほしい、と思っているところにボールが来た」と言うように、狙い通りの形だった。クロスを多く入れてチャンスをつくる。呂比須ワグナー監督(48)は練習してきたプレーでのゴールに「選手は自分たちのできることをやった」と攻撃面を評価した。

だが、得点できたときに失点も重なる。それが最下位18位に沈む要因の1つでもある。後半4分にコーナーキックから失点すると、流れを一気に持っていかれた。鹿島のFWレアンドロ(24)にハットトリックを許し、後半44分にはFW金崎夢生(28)にPKを決められた。

1点返されたところから、押し込まれ続け、結果的にそこから抜け出せなかった。「もっとライン上げて、前に運ばせなければならなかったが、それができなかった」。GK大谷幸輝(28)が言うように、リードしていながらも、最初の失点で試合を支配されてしまった。

得点と失点のかみ合わせの悪さ。シーズン序盤の課題が解消されないまま、残り8試合。J1残留の可能性はすり減っていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【データ編】2017年司法試験合格者・法科大学院別ランキング
筑波大学、天皇杯16強敗退も“ジャイキリ”連発で残した衝撃。青年たちが経た大冒険
G大阪 ミスで自滅 追い上げるもあと1点...守護神・東口ガックリ
Fリーグ17/18 第17節プレビュー ヴォスクオーレ仙台vs.シュライカー大阪
【AFC U-16女子選手権タイ2017 準決勝 韓国戦 ハイライト動画】リトルなでしこ、押し気味に進めた韓国戦をPK戦で落とす...U-17W杯出場権は中国との3位決定戦に持ち越し
  • このエントリーをはてなブックマークに追加