SteelSeries、2種類のセンサーを使い分けるe-Sports向けマウス

SteelSeries、2種類のセンサーを使い分けるe-Sports向けマウス

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/01/12
No image

SteelSeriesは1月10日、「TrueMove3+ デュアルセンサーシステム」を搭載したゲーミングマウス「Rival 600」を発表した。公式Webサイトでの価格は89.99米ドル。日本国内での発売、価格などは未定。

「Rival 600」は正確なセンサー性能と、ハード面/ソフト面に自由なカスタマイズ性を求めるe-Sportsのプロゲーマーに最適なゲーミングマウス。ゲーミングオプティカルセンサーの新たなイノベーションとなりえる「TrueMove3+ デュアルセンサーシステム」を搭載する。

「TrueMove3+ デュアルセンサーシステム」は、メインセンサーの「TrueMove3」と、リフトオフディスタンスのみをトラッキングするオプティカルセンサーを組み合わせたシステムのこと。ジッターの発生とマウスを持ち上げた際に生じるカーソルのずれをなくし、最小のリフトオフディスタンスでの動作が可能。

マウスがマウスパッドを離れた際に、どのタイミングでセンサーをストップさせトラッキングを再開させるかをカスタマイズでき、余分な動作を排除することで無駄のない動きが可能となる。リフトオフディスタンスは0.5~2mmの範囲で調整可能。解像度も100CPI単位で100~12,000CPIの範囲で調整できる。

ボタン数は「7」で、6,000万回の耐久性があるSteelSeriesスイッチを採用。取り外し可能な側面と、4g×8個の重りにより、自分に最適な重さに調整できる。本体サイズはW62~69×D131×H27~43mm、重量は96g。対応OSはWindows 、Mac OS X、Linux。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
脳が喜ぶ曲をAIが自動作曲!実際に聴いてみた
今年もっと流行ってほしいデザイントレンド5選
超人気アダルトサイトが2017年をまとめた統計レポートを公開、日本人ユーザーのフェチも明らかに
【!?】ダイソー200円イヤホン、ひと手間で「3万円クラスと戦えるようになる」説が話題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加