侍・秋山「打点になるよう」満塁一掃ツーベース 甲斐の連続安打に燃えた?

侍・秋山「打点になるよう」満塁一掃ツーベース 甲斐の連続安打に燃えた?

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2018/11/09

◆2018日米野球:第1戦 日本-MLB選抜(9日・東京ドーム)

侍ジャパンの秋山が好機で、2年連続パ・リーグ最多安打の実力をメジャー軍団に示した。

3点を勝ち越された直後の5回、MLB選抜の先発ゲラを攻めて1死一、二塁。2番手アンドリースから菊地が四球を選んで満塁となり、秋山が打席に入った。

初球の内角ストレートをファウルし、抜け気味の2球目チェンジアップを見送って1ボール1ストライク。3球目、高めに入ったストレートを逆らわずに左翼線へ運び、満塁一掃の二塁打とした。

自身3打席目の初安打が大きなタイムリー。「とにかく前に飛ばして打点になるよう、速い球に合わせていった。いいところに飛んでくれた。よく走ってくれた(一塁走者の)菊地や、チャンスメーカー甲斐のおかげです」。キャノンと称される強肩ばかりかバットでも、この回までにイニング先頭で続けて安打を放っていた甲斐を持ち上げずにいられなかった。

=2018/11/09 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神、新外国人有力候補にジョンソン 驚異的奪三振率のリリーフ右腕
ギータ 強烈なインパクト残す 日米野球は「いやあ、楽しかった!いいことだらけ」
野球部員12人を殴る蹴る、ドラフト1位 元プロの監督
あの俊足プロ野球選手のひざ痛を克服させた「コウノエベルトスパイク」の秘密【前編】
プロ野球「嫌われ球団」を全国調査! 総合1位は巨人、でも地域別に見ると...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加