寝具の色で睡眠時間が変わる!質の良い眠りをもたらす色とは?

寝具の色で睡眠時間が変わる!質の良い眠りをもたらす色とは?

  • Rhythm (リズム)
  • 更新日:2018/08/06
No image
No image

ストレスフルで慌ただしい現代の暮らしでは、いかにして睡眠時間を確保し、かつ質の良い眠りを得るかということは、大きな課題です。

そんな人の眠りに、ベッドカバーなどの寝具の色が、実は大きな影響を与えているんです。

人が安らかに気持ちよく眠りにつける寝具の色とは、一体何色なのでしょうか?

寝具の色で最大約2時間の差

Travelodgeが寝具の色と睡眠時間について、2000人のイギリス人に調査した結果、寝具の色によって最大で平均睡眠時間が約2時間も差が出ていることがわかっています。

平均睡眠時間が長かった上位5つの色と、短かった下位3つの色は次のとおりです。

睡眠時間が長かった色 BEST5

1位 青   (7時間52分)
2位 黄色  (7時間40分)
3位 緑   (7時間36分)
4位 シルバー(7時間33分)
5位 オレンジ(7時間28分)

睡眠時間が短かった色 WORST3

1位 紫   (5時間56分)
2位 茶   (6時間05分)
3位 グレー (6時間12分)

色がもたらす眠りへの影響

平均睡眠時間が最も長かったのは青。青には心を落ち着かせ、血圧が高くなるのを防ぐ働きがあります。

また黄色やオレンジは温かみや安らぎを感じさせ、緑はリラックス効果、シルバーには月明かりと錯覚させて眠りへいざなう働きがあると考えられています。

一方、最も平均睡眠時間が短かったのは紫。ゴージャスなベッドルームになりそうですが、紫は脳の芸術的な分野に強い結びつきのある色。

そのため紫に囲まれた空間で眠りにつくと、はっきりとした夢を見たり、悪夢にうなされたりして、睡眠が阻害されると考えられます。

スムーズに眠りにつくためには、眠る1時間ほど前にはパソコンやスマートフォン、テレビなどを見るのを止めましょう。また、室内の照明も1段階落として、少しずつ眠りに入るための準備が必要です。

お気に入りのアロマキャンドルやお香をたいたりするなど、心地よく眠りにつくためには、寝具の色だけでなくベッドルーム自体の空間づくりもとても大事ということですね。

文:佐藤まきこ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......
欲しいぶんだけハサミで切って貼れるLEDライト「#はるる」が超便利!  人感センサー式やスイッチ式などから選べます
筋トレ男子:「今の方が圧倒的にモテます」。ガチで肉体を磨き始めた男に訪れた、意外な変化
一目見るだけで「自閉症」か診断できる錯視動画がスゴイ! 脳のクセが瞳孔に発現、潜在的な自閉症の診断にも効果的!
山口・2歳男児を発見した男性に「飴玉あげないで!」 相次ぐ批判に「始末が悪い」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加