最新ランキングをチェックしよう
志賀原発の原子炉建屋に6.5トンの雨水が流入

志賀原発の原子炉建屋に6.5トンの雨水が流入

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19

北陸電力の志賀原発2号機で、大量の雨水が原子炉建屋の中に流入して照明機器の電源盤がショートしていたことが分かりました。 原子力規制委員会によりますと、先月28日に石川県の志賀原発で工事のため、排水溝をせき止めていたために雨水がたまって冠水し、2号機の原子炉建屋の1階に流れ込みました。1階の床にひび割れがあったため、水は地下にも流れ込んだということです。原子炉建屋の中に流入した雨水は6.5トンに上り

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
時速500キロ「超電導リニア」体験乗車 JR東海が今夏開催
羽賀研二、刑期延長と妻逮捕の可能性
“金塊密輸ビジネス”の闇、福岡と韓国つなぐ線
福岡7.6億円金塊強奪、逮捕前 被害者に示談持ちかける
従軍慰安婦問題に反論できない日本政府の「怠慢性」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加