最新ランキングをチェックしよう
志賀原発の原子炉建屋に6.5トンの雨水が流入

志賀原発の原子炉建屋に6.5トンの雨水が流入

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19

北陸電力の志賀原発2号機で、大量の雨水が原子炉建屋の中に流入して照明機器の電源盤がショートしていたことが分かりました。 原子力規制委員会によりますと、先月28日に石川県の志賀原発で工事のため、排水溝をせき止めていたために雨水がたまって冠水し、2号機の原子炉建屋の1階に流れ込みました。1階の床にひび割れがあったため、水は地下にも流れ込んだということです。原子炉建屋の中に流入した雨水は6.5トンに上り

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
一目瞭然 大雪遅延の東海道新幹線、N700Aが「本領発揮」の疾走 ある装置が貢献か
ショッピングモールに刃物男 女子高校生脅す 広島
有楽町の地下駐車場で...会社員ひかれ死亡21歳女逮捕
石油工場火災で周辺の約1300世帯に避難指示 和歌山
消防車同士が交差点で衝突 火災現場に緊急走行中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加