最新ランキングをチェックしよう
志賀原発の原子炉建屋に6.5トンの雨水が流入

志賀原発の原子炉建屋に6.5トンの雨水が流入

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19

北陸電力の志賀原発2号機で、大量の雨水が原子炉建屋の中に流入して照明機器の電源盤がショートしていたことが分かりました。 原子力規制委員会によりますと、先月28日に石川県の志賀原発で工事のため、排水溝をせき止めていたために雨水がたまって冠水し、2号機の原子炉建屋の1階に流れ込みました。1階の床にひび割れがあったため、水は地下にも流れ込んだということです。原子炉建屋の中に流入した雨水は6.5トンに上り

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【秋田県豪雨】佐竹敬久知事が虚偽説明、自身の責任「慎重に考えたい」 「ゴルフに県OB同行」実は現職部長だった
「訪日客は迷惑」京都を悩ます"観光公害"
息子じゃない!ウソ電話見破り...詐欺未遂で男逮捕
「私が殺した」黙秘が一転、ちゃぶ台返しの初公判
女性歯科医が切られけが 覆面姿の男が逃走中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加