整腸作用とダイエット効果が期待できる豆乳ヨーグルトの作り方

整腸作用とダイエット効果が期待できる豆乳ヨーグルトの作り方

  • @DIME
  • 更新日:2018/02/12
No image

近年、注目を集めているヨーグルト「豆乳ヨーグルト」。豆乳に乳酸菌を加えたもので、これまでの牛乳から作られる動物性ヨーグルトとは異なり、植物性であることからコレステロールを含まないという特徴がある。市販商品も続々登場し、身近になってきている。そこで豆乳ヨーグルトの特徴や活用法について紹介しよう。

■豆乳ヨーグルトの特徴

腸内環境を整え、免疫力をアップしてくれる「乳酸菌」。その健康効果が大いに期待できる乳酸菌を含む発酵食品の代表ともいえるのが、ヨーグルトだ。しかし一方で、乳製品に抵抗のある人もいる。「豆乳ヨーグルト」は、牛乳によるヨーグルトと異なり、アレルギーの不安や、コレステロール値を気にする必要もないことで注目を集めている。

豆乳ヨーグルトは、その名の通り、「豆乳」を乳酸菌で発酵させて作るヨーグルトのこと。動物性食品を一切とらない絶対菜食主義者「ヴィーガン」にとってのヨーグルトでもある。よって、豆乳ヨーグルトは「ヴィーガンヨーグルト」と呼ばれることもある。

■「豆乳×乳酸菌」の強み。ダイエットにも利用価値あり

そもそも、豆乳はヘルシーで、さらに乳酸菌との取り合わせは非常に健康効果が期待できる。「豆乳×乳酸菌」の取り合わせは、一般的なダイエットフードとしても利用価値がある。豆乳には、すりつぶしてこす前の大豆の栄養が引き継がれている。特に大豆たんぱくは、胃腸で消化吸収される時間が長いため、空腹になりにくいといわれている。食べ過ぎを回避できるというわけだ。

また、大豆に含まれる「サポニン」という成分は、糖で吸収したブドウ糖を、脂肪と合体しないよう抑制して脂肪の蓄積を抑える働きがある。実際、サポニンにより、体重や内臓脂肪が減少したという実験結果もある。肥満予防の意味でも、豆乳は有効なのだ。

また、豆乳ヨーグルトを作るときに使う乳酸菌は、腸内の善玉菌を活性化させ、腸内環境を整えてくれる働きがある。先の記事でも紹介したが、腸内環境が整えば、自然な痩せ効果が期待できるという医師の見解もある。豆乳と乳酸菌の取り合わせは、ヘルシーフードとしては最強レベルといえそうだ。

■自家製豆乳ヨーグルトの作り方

そんなダイエット向きの豆乳ヨーグルトは、市販のマルサンアイ「豆乳グルト」などを利用する他、自分で作ることもできる。自家製豆乳ヨーグルトを作る方法には、豆乳に種ヨーグルトを混ぜて発酵させる方法や、玄米を用いて発酵させる方法などがある。

種ヨーグルトを使う方法としては、「カスピ海ヨーグルト」研究会のレシピ、玄米を使う方法としては、TBS系の番組「あさチャン」で紹介されたレシピが参考になる。いずれも、清潔な容器に入れて保温し、菌が発酵して固まるまで放置する方法だ。また、豆乳は無調整豆乳や調整豆乳いずれも使うことができるが、大豆固形分が6%以上ある必要があるようだ。

食べ方としては、普通のヨーグルトのように、好みではちみつなどを入れて味付けをすると食べやすい。ぜひ整腸&ダイエットのために、取り入れてみてはいかがだろうか?

取材・文/石原亜香利

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【心理学】恋が女性をキレイにする科学的理由
【アディクション】自分だけの色に♡
冷凍庫にいれて使う!?新しすぎるヘアアイロンが登場
"艶美肌"肌を磨く?ファンデブラシ
愛猫の肉球とおそろいのネイルが楽しめる! 「肉球色の1dayネイル」登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加