ロヒンギャ問題「民族的・宗教的問題なし」

ロヒンギャ問題「民族的・宗教的問題なし」

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/13
No image

動画を見る(元記事へ)

ミャンマーのイスラム教徒少数派「ロヒンギャ」の問題を巡り、ミャンマーの駐日大使が会見を開き、問題の原因はロヒンギャの武装グループによるテロであると主張しました。

ミャンマーのトゥレイン・タン・ズィン駐日大使は12日、都内で「ロヒンギャ問題の真実」というテーマで会見を行いました。そのなかで大使は、大量のロヒンギャが殺害や暴力を恐れてミャンマーから隣国のバングラデシュへ避難していることについて触れ、原因は8月にミャンマー国内で襲撃事件を起こしたロヒンギャの武装グループ「アラカン・ロヒンギャ救世軍」によるテロであると主張しました。
ミャンマー、トゥレイン・タン・ズィン駐日大使:「(襲撃事件は)テロリストが民族的・宗教的な問題があると見せ掛けるためにやったのです」
また、トゥレイン大使は、ミャンマー政府が被害を受けたすべての人に分け隔てなく人道支援を行っていると述べ、ミャンマー国内での虐殺や民族浄化についても否定しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2018年、異星人が地球を攻撃するだとぅ!?2048年からやって来たタイムトラベラーが警告とかいう近未来SFサスペンス(アメリカ)
今に始まった話ではない米国のユネスコ不信
今週、北朝鮮と米国の戦争開戦リスク高まる...英国も参戦準備、NATO参戦も
アメリカ人の半数近くが異星人の存在を信じており、地球を監視するために定期的に訪れていると思っている(最新調査)
ハリケーン・オフィーリアがアイルランド直撃 怪現象の目撃で気象機関が大わらわ

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加