マイケル・ファスベンダーが明かした「エイリアン」最新作の撮影秘話

マイケル・ファスベンダーが明かした「エイリアン」最新作の撮影秘話

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/09/15
No image

マイケル・ファスベンダー (c)朝日新聞社

世界に衝撃を与えた映画『エイリアン』から40年、最新作の『エイリアン コヴェナント』が9月15日、公開された。

【最新作の『エイリアン コヴェナント』の写真はこちら】

80~90年代に制作された『エイリアン』は人気シリーズとして全世界のファンに愛されたが、5年前には第1作目を手掛けたリドリー・スコット監督が再度指揮をとり、『エイリアン』の起源を探る物語である『プロメテウス』が制作された。今回の最新作は、その『プロメテウス』から10年後の世界を描いている。

『プロメテス』でアンドロイド・デヴィットとして登場したマイケル・ファスベンダーは、新作でも、デヴィットとウォルターという2体のアンドロイドを一人二役で演じ、注目を浴びた。そのマイケル・ファスベンダーがインタビューに応じ、撮影秘話を語ってくれた。

――新作二役を演じるあなたの演技が軸となっていますね?

「すごく楽しかったよ。リドリー・スコット監督とこの作品でまた一緒に仕事ができたのは嬉しかったし、エイリアン・シリーズの前作である『プロメティアス』から引き続きデヴィットを演じることができたのもやりがいがあった。再び同じ役をよみがえらせるのは役者としては意欲をそそられる仕事なんだ」

――どう演じ分けたのですか?

「デヴィットの場合、非常に人間的な面が多く、ある意味その点で人間に不安というか不快感を与えることになるんだ。一方、デヴィットを進化させた新しいヴァージョンであるアンドロイドのウォルターは、そのせいで人間らしさを削除されている。だがらウォルターの場合は表情に乏しく、ぶっきらぼうな感じで、いかにもアンドロイドである、という風に演じた。デヴィットはドラマチックで表情が豊かだから。二人をそうやって対比させたんだ」

――本作ではデヴィットをより深く追求できたと思いますが。

「確かに深く、彼の心理の奥底まで追求できたと思う。というのも『プロメテウス』の時にデヴィットのパーソナリティーを研究した。すでに彼がどんな人格を持っているのかについては知り尽くしたので、新作の場合は、彼の置かれている状況や、脚本家が新たに付け加えてくれた側面を演じた。前作から新作への時の流れの中で、もし人口頭脳である彼が10年間メンテナンスを受けなかったらどう変わっていくか、という点も考察し、今回の役に取り組んだんだ」

――デヴィットは台詞の中でパーシー・シェリーなど詩人ついて言及しますね。

「デヴィットは自分がアーチストであるという風に思いたいんだよ。創造的なタイプであるとね。彼の中には強い願望がある。心の底から自分の優秀さを他人に評価してもらいたいと望んでいるんだ。あと多くのアーチストにありがちだが、自分の業績が後世に語り継がれたいとも望んでいる。それだから、知性をみせびらかしたいんだよ。彼はドラマチックなキャラクターだから。また同時に、自分の若いヴァージョンであるウォルターを教育しているという風にも感じているんだ」

――二人を演じてみて一番楽しかったシーンは?

「デヴィットがウォルターに笛を吹くことを教えるシーンだろうな。二人が向き合うところは僕のボディー・ダブルにもう一人を演じてもらった。彼を相手にデヴィットとウォルターを別々に撮影して、それを後から合成したんだ。だからタイミングの正確性が重要となったんだよ。テクノロジーが進歩したせいで、あのようなシーンが可能になったのは興味深いね。ホント」

――以前バンドをやっていた経験もあり、楽器もいろいろこなされるそうですが、笛はお上手なんですか?

「いいや。自宅で笛を練習したんだけれど、ご近所に迷惑をかけてしまったんだ。あとから、隣の人に妻が『近所に楽器を練習している人がいてイライラするって』と愚痴られたんだ(笑)おまけに、これも後でわかった事なんだが、笛の練習をする必要は全くなかったんだ。吹く曲が変わって、最終的には笛の穴に紙をいれて音がでないようにして吹いたんだよ」

――本作はリドリー・スコット監督とは3本目の仕事ですが、どんな話し合いをしましたか?

「いろんなことを話したよ。例えばどこで撮影するかとか。僕はリドリーにシドニーで撮影したいと言ったんだ。そうすれば毎日サーフィンに行けるから。あと他の配役について話しあったりもした。どの役は誰がいいとか、まあそんな感じだよ」

――本作の後も『エイリアン』シリーズは続きますか?そこにも出演する?

「現在次作についての話し合いが進行中なようだが、それが実現するか、そこに僕がかかわるかはまだ分からないんだ」

――地球外生命を信じていますか?

「信じているよ!すでに僕ら人類の中に混じっているって思っているんだ」

――もし実際に出会ったらなんと言いますか?

「末長い人生をLive long and prosper!(長寿と繁栄)かな。映画が違うよね、『スタートレック』の台詞だから(笑)」(高野裕子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ついに完成!監督が報告
心の障害をバリアフリー化するSEX革命の始まり。非感動ポルノ『パーフェクト・レボリューション』
大ヒット映画「銀魂」BD&DVD 11・22発売決定!小栗旬ら出演者のメッセージ映像到着
桑田佳祐出演映画『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』を、爆笑問題・太田光、小倉智昭、LiLiCoらが絶賛
村上虹郎「森達也監督は面白い」。早見あかりの恐怖体験ほか撮影秘話を明かす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加