最新ランキングをチェックしよう
大竹秀典 2度目の防衛成功 16歳差の対決ベテランに軍配「接近戦での対処の仕方で差が出た」

大竹秀典 2度目の防衛成功 16歳差の対決ベテランに軍配「接近戦での対処の仕方で差が出た」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/14

ボクシングの東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦は13日、東京・後楽園ホールで行われ、王者・大竹秀典(36=金子)が挑戦者の同級1位・丸田陽七太(20=森岡)に3―0で判定勝ちして2度目の防衛に成功した。大竹は35戦30勝(13KO)2敗3分け、WBCユース・バンタム級王者の丸田はプロ初黒星で6戦5勝(4KO)1敗。
 「世界挑戦者決定戦」とうたわれた16歳差の対決はベテランに軍配が

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
テレビ東京 15日深夜「新K-1伝説」放送
美女レスラー紫雷イオ写真集 強くて美しい「素顔」
後継者、誕生。――IBF世界スーパーフェザー級王座決定戦
前田日明 時空を超えて無限大につらなる輪RINGSのひとつめの輪――フミ斎藤のプロレス読本#155[前田日明編・後編]
オールスター戦の看板に偽りなし、世界チャンピオンがズラリ並んだ「クリスマスマッチ」実現・柔道ワールドマスターズ2017
  • このエントリーをはてなブックマークに追加