最新ランキングをチェックしよう
大竹秀典 2度目の防衛成功 16歳差の対決ベテランに軍配「接近戦での対処の仕方で差が出た」

大竹秀典 2度目の防衛成功 16歳差の対決ベテランに軍配「接近戦での対処の仕方で差が出た」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/14

ボクシングの東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦は13日、東京・後楽園ホールで行われ、王者・大竹秀典(36=金子)が挑戦者の同級1位・丸田陽七太(20=森岡)に3―0で判定勝ちして2度目の防衛に成功した。大竹は35戦30勝(13KO)2敗3分け、WBCユース・バンタム級王者の丸田はプロ初黒星で6戦5勝(4KO)1敗。
 「世界挑戦者決定戦」とうたわれた16歳差の対決はベテランに軍配が

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
日本、セネガル戦で「史上最高のオフサイドトラップ」 海外からも絶賛「キャプテン翼だ!」
セックスが苦手な男をLINEで見分けるポイント|文例3つ
小出恵介、株主総会も終了でホッ...反省ゼロの「あの女ぶち殺してえ」発言
小山慶一郎とは違う?加藤シゲアキが飲み会に呼ばれたヒドすぎる理由!
玉木宏、木南晴夏との結婚で危惧される「救いようのないだらしなさ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加