最新ランキングをチェックしよう
お茶を美味しく注ぐための角度にこだわった常滑焼の2段式茶漉し急須

お茶を美味しく注ぐための角度にこだわった常滑焼の2段式茶漉し急須

  • @DIME
  • 更新日:2017/09/15

ゆっくり傾ければ、茶ガラが出ることもなく澄んだお茶が注げる。約45度まで傾ければ注ぎきることができ、蓋が落ちる心配もない。
 おなじみの急須も日々進化を遂げている。常滑焼(愛知県)の職人が考案したこちらの急須は、45度程度まで傾ければ、茶ガラが出ず上澄みのおいしいお茶だけ出し切ることができる。

茶葉の大きさによって上下2段式になった茶漉し。メッシュ部分はあらかじめ作っておき、それを取り付けて焼

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
加藤浩次、TBSサッカー特番の企画に驚き「なぜなんだ!」 竹内涼真も頷く
松本人志は見抜いていた!?久本雅美が結婚できない理由
チェーン店の「うな丼」で1番おいしいのはどこなのか / 吉野家・すき家・なか卯・ほっともっとを食べ比べてみた
カンニング竹山 西日本豪雨での東京キー局批判の裏側語る「スタジオがすごく嫌な雰囲気に...」
【天才?】今にも動き出しそうなほどリアルな柴犬を描く画家を発見! できあがった絵に話しかけてみたところ...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加