最新ランキングをチェックしよう
お茶を美味しく注ぐための角度にこだわった常滑焼の2段式茶漉し急須

お茶を美味しく注ぐための角度にこだわった常滑焼の2段式茶漉し急須

  • @DIME
  • 更新日:2017/09/15

ゆっくり傾ければ、茶ガラが出ることもなく澄んだお茶が注げる。約45度まで傾ければ注ぎきることができ、蓋が落ちる心配もない。
 おなじみの急須も日々進化を遂げている。常滑焼(愛知県)の職人が考案したこちらの急須は、45度程度まで傾ければ、茶ガラが出ず上澄みのおいしいお茶だけ出し切ることができる。

茶葉の大きさによって上下2段式になった茶漉し。メッシュ部分はあらかじめ作っておき、それを取り付けて焼

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山形県民に愛される「味マルジュウ」とは?
「そりゃないよ、お母さん~(涙)」忘れられない“笑撃弁当”
『韓国のコンビニ弁当』はコスパ最強! 日本も見習いたいレベル
明治 ザ・チョコレートがniko and ...とコラボ!マグカップやポーチなど、こだわりアイテムが登場
8万人が参加した!全国各地の人気パンが揃う「お台場パン祭り」開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加