マーリンズ田沢、同点場面を凌ぎ2勝目 イチローは代打で投ゴロ

マーリンズ田沢、同点場面を凌ぎ2勝目 イチローは代打で投ゴロ

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/08/12
No image

同点の8回を無失点に抑え今季2勝目を挙げたマーリンズの田沢

○ マーリンズ 6 - 3 ロッキーズ ●
<現地時間8月11日 マーリンズ・パーク>

マーリンズの田沢純一が11日(日本時間12日)、本拠地でのロッキーズ戦に救援登板。同点の1イニングを3者凡退に抑え、今季2勝目(2敗)を手にした。

田沢は3-3の8回表に4番手として登板。前日のナショナルズ戦は、同じく同点の場面で決勝ソロを浴びていたが、この日は打者3人を12球で片付けた。

マーリンズはその裏、6番ディートリッチの適時打で勝ち越すと、7番テリスも2点適時三塁打で続き6-3。なおも二死三塁の好機で代打・イチローが登場したが、ここはロッキーズの5番手右腕・オッタビノの前に投ゴロに倒れた。イチローは1打数無安打で、通算3064安打は変わらず。今季の打率は.239となった。

マーリンズは3点リードの9回をジーグラーが締め3セーブ目(1勝2敗)。白星は同点の8回を凌いだ田沢に付き、右腕は防御率を4.79とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マエケン 昨年7月以来代打で捕ゴロ、全力疾走「楽しかった」
ヤンキースの若きスター捕手、相手の走塁を「台無し」にする「キャノン送球」
イチロー、代打で勝ち越し3号3ラン
マー 23日復帰、9勝目へ「肩の感じいい」全快アピールだ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加