すばらしい高音質を実現した...「炊飯ジャー」!?オンキヨーとタイガー魔法瓶が開発

すばらしい高音質を実現した...「炊飯ジャー」!?オンキヨーとタイガー魔法瓶が開発

  • インターネットコム
  • 更新日:2017/10/13
No image

すべての動画・画像がある記事はこちら

すばらしい高音質を実現した炊飯ジャーを、タイガー魔法瓶が開発した。部品としてオンキヨーの加振器「Vibtone」を搭載している。

9月に発売した「土鍋圧力IH炊飯ジャー<THE炊きたて>JPG-X100」だ。この製品の音質面での特徴は搭載した加振器により、ジャーの天面全体をスピーカーにしたこと。振動板を組み込んだ従来のスピーカーユニットを使わず、高品質で鮮明な音声、メロディを再生可能にした。

一般にスピーカーユニットが振動板を使っていると、高音質にするためには製品へ穴を必要があり、防水性や気密性が必要な製品には向かない。しかしオンキヨーの加振器では、炊飯ジャーのふたにある銘板そのものを振動させるので、穴を開ける必要がない。

炊き上がり時のお知らせ音などの再生音質についてはタイガー魔法瓶と共同で開発し、心地よく耳ざわりのないよう仕上げた。なおJPG-X100はオープン価格だが、店頭実勢は13万8,240円(税込)。

すべての動画・画像がある記事はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あおり運転の記録を残せる、1台のカメラで360度撮影できるドラレコ
【最新有機ELテレビ徹底解剖】AIを駆使してHDRを復元する有機EL 4Kテレビ『レグザ 65X910』
Googleお役立ちテクニック - InboxとGmailを連携させる
ソフトバンク、iPhone Xの価格を発表
国立天文台が作った「宇宙の広さを体感できる映像」がスゴい!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加