藍 現役最終戦は強い風雨で仕切り直し 54ホールに短縮

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/15

米女子ゴルフのメジャー最終戦エビアン選手権は14日、フランス・エビアンのエビアン・リゾートGCで開幕したが、強い風と雨のため約4時間半の中断を経てラウンド取り消しの裁定が下された。

この大会でのラウンド取り消しは13年以来4年ぶり。競技は54ホールに短縮され、15日に全選手が改めて第1ラウンドを開始する。

この試合で現役を引退する宮里藍(32=サントリー)は10番から出て16番の途中までプレーし、3オーバーの暫定48位だったが、仕切り直しとなる。

20メートル近い強風の中スタートした宮里は、2ホールをパーで終えたが、12番でティーショットを左サイドのバンカーに入れて、フェアウエーからの3打目をミスしてダブルボギーをたたいた。続く13番もティーショットを左に曲げてピンチを迎え、2打目を前方の枝にあててボギーとした。

206ヤードの14番パー3は5メートルのパットを決めて初バーディーを奪ったが、15番パー5で3メートルのバーディーチャンスから3パットしてボギー。続く16番をプレー中に悪天候のため中断。その時点で3オーバーの48位だった。

宮里は「凄いびっくりした。なかなか初日でこういう決断はない。どういう経緯になったのかは気になったけど、決まったことはしようないので、また明日から頑張っていくしかない」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
松山英樹はV予想18番手 米ゴルフ・ツアー選手権
水田裕康がパープレーで初V 10年前から毎日の素振りが結果に
波乗れずダボ...松山、総合優勝争うポイント7位後退/米男子
松山英樹ビッグボーナスなるか POツアー選手権
松山英樹、総合王者へプレーオフVは絶対条件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加