智弁学園16安打17点で3年連続V 先発・伊原が投打で活躍

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/13

「秋季高校野球奈良大会・決勝、智弁学園17-4高田商」(12日、佐藤薬品スタジアム)

智弁学園は16安打17点で3年連続の優勝を果たした。

先発・伊原陵人投手(2年)が投打で活躍。9回4失点で完投し、打撃でも公式戦初本塁打となるソロを含む3安打3打点を記録した。小阪将商監督(40)からは新チーム始動時に「史上最弱」と言われたという。伊原は「言われたままでは終われなかった」とチームメートと奮起して練習し、頂点をつかんだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高知追手前が4年ぶり四国大会出場 高校野球高知大会3位決定戦、高知商を下す
盈進、63年ぶりV  エース下江6回1失点粘投で導いた! 秋季中国大会へ加速
創志学園(岡山)編「創立7年余りで全国クラスの強豪へ 創志学園のつながり!」
【2017年ドラフト】 今夏の甲子園を沸かせた男!中村奨成の3年間を年表でチェック!
八重山商工(沖縄)編「大嶺兄弟の母校!離島初の甲子園勝利チームのつながり!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加