3年目で1軍デビュー、ホークス岡本が300万増「僅差の試合で投げたい」

3年目で1軍デビュー、ホークス岡本が300万増「僅差の試合で投げたい」

  • フルカウント
  • 更新日:2016/12/01
No image

「中継ぎで30試合以上登板」が最低ライン

1日、ソフトバンクの右腕・岡本健が契約更改に行い、300万アップの年俸1300万円(推定)でサインした。 岡本は、中継ぎで13試合に登板して防御率2.57。プロ3年目でようやく初の1軍登板を果たした。

「1軍で投げられたことは良かったが、すべてが大差の勝ち試合か負け試合だったので、僅差の試合で投げさせてもらえるようになりたい。来年は大事な年になるので、(1軍にいた)4か月の経験を生かさないと意味がない」

オフには、攝津正らとともにグアムで自主トレを行い「暖かい場所で早めに体を作り、春のキャンプでしっかりアピールしたい」と語る。

来季の目標を「中継ぎで30試合以上登板すること。それが最低ライン」と語った岡本。同期の森唯斗が3年連続50試合以上登板を果たしているだけに、4年目の来季にかける気持ちは強い。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
張本氏、号泣FA宣言で巨人入りの山口に「何で泣くんだろうね」
巨人小山、楽天柿沢のトレードが合意
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
マギー、巨人“4年越しの恋人”は「マギー違いです」
日本ハム大谷一発サイン予告 高卒5年目最高が濃厚
  • このエントリーをはてなブックマークに追加