小浦翼12戦無敗で王座初防衛 世界王者宣言でた

小浦翼12戦無敗で王座初防衛 世界王者宣言でた

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

小浦翼(2017年11月10日撮影)

<プロボクシング:東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ12回戦>◇11日◇東京・後楽園ホール

ボクシングの東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチが11日に後楽園ホールで行われ、王者小浦翼(23=E&Jカシアス)が挑戦者の同級1位谷口将隆(23=ワタナベ)を2-0(115-114、115-113、114-114)の判定で下して初防衛を果たした。

似たタイプの一戦は、押し相撲のように絡み合う場面が目立ち、互いに離れ際に有効打を狙う展開。極真空手歴10年の経験を生かした小浦が12戦無敗で王座を守り、「谷口選手の分まで背負って世界王者になる」と宣言した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ジェームズ・トニー ジョシュアへメッセージ「ワイルダーとは米国で戦え」
城戸康裕、木村ミノルともにタイトル挑戦に強い意欲
三宅宏実「いばらの道」東京五輪向け量から質へ変化
三宅宏実「ほっとしている」1年3カ月ぶり実戦でV
K―1ボウニ暴走!初戦相手に頭突き、乱闘寸前に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加