「あるのは情熱と興奮だけ」 クロップとリバプールをシアラーが酷評

「あるのは情熱と興奮だけ」 クロップとリバプールをシアラーが酷評

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/10/11
No image

「進化がない」、「守れない」と、シアラーにバッサリと切り捨てられたクロップ監督。ピッチの上で反論できるか。 (C) Getty Images

2017年10月8日で就任からちょうど丸2年となったリバプールのユルゲン・クロップ監督を、元イングランド代表FWで現在解説者を務めるアラン・シアラーが、バッサリと切り捨てた。

シアラーは、コラムを持つ『サン』紙でクロップに痛烈なダメ出し。「8節終了時点で10位だった就任当時のチームは、現在7節終了時点で7位。大きな歩みがあったとはとても言えない」と指摘すると、次から次へとパンチを浴びせる。

「カップ戦のファイナルに二度進出し、チャンピオンズ・リーグの舞台にも戻った。しかし、チームは進化していない」

「彼の勝率は49.5パーセント。これはブレンダン・ロジャース(前監督)以下で、マンチェスター・ユナイテッドを解雇された時のデイビッド・モイーズ(元監督)にも及ばない」

「あるのは情熱と興奮だけ。ハマった時はイケイケ、でも守れない。そんな戦い方ではリーグタイトルは勝ち取れない」

そして、10月14日に予定されているプレミアリーグ8節のマンチェスター・ユナイテッド戦に言及。「負けたら首位タイのユナイテッドとの勝点差は10。タイトルレースはその時点で終了だ」と、クロップにプレッシャーをかけた。

言いたい放題のシアラーに、クロップとリバプールはピッチの上で反論できるのか。

文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トッテナムとの今後を占う一戦へ...レアル、CL招集メンバーを発表
「日本人として誇り」 伝統の一戦出場の長友、不思議な縁に感慨「太鼓叩いてた自分に...」
日本が激突するイングランドはU-17W杯屈指のタレント軍団! マンUの歴史を塗り替えた逸材も
「ケインが無理ならアイツだ!」C・ロナウドがペレス会長に薦めたのはマンUの...
日本代表復帰の可能性について、内田篤人が言及「みんなと状況が違いすぎる。ただ...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加