iCarが2度目の接触事故!シリコンバレー企業による自律型車両の安全性を考える

iCarが2度目の接触事故!シリコンバレー企業による自律型車両の安全性を考える

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2018/10/22
No image

アップルが自動運転車両の開発に乗り出しているのは、周知の事実。iCarと命名し、実現に向けて、着々と準備している最中だ。

・8月に続き10月の走行テストでも接触事故

しかし、その道のりは、今のところ前途多難の模様。8月に行われたテスト走行では、カリフォルニアの道路上で接触事故が勃発。自律センサーを搭載した日産車とすれ違うというシナリオだったが、その際両車両とも、損傷を受けたという。幸い、日産車のドライバーにけがはなく、事なきを得た。

そして、事故からわずか2か月足らずの、米国時間10月15日。2度目のテスト走行で、またもや衝突。North Wolfe RoadからStewart Driveに左折するとき、監視役のトヨタ・カムリと接触し、互いの車体に軽い傷がついたとのこと。

・Waymoとの比較も

No image

これだけ読むと、安全性を疑問視したくなるかもしれないが、記事を掲載したCult of macはそうは考えていない。同じく自律走行車を開発中のGoogleは、自社のWaymoのテスト走行で、11回にわたり、衝突事故を起こしている。それに比べれば、アップルなんてかわいいもの、ということらしい。ただし、Waymoはこれまでに、公道で4万キロ以上走ってきた実績がある。そこは、忘れてはならないだろう。

シリコンバレーの2大企業を虜にする自律走行車。世間から完全に認めてもらえるようになるまで、もう少し時間がかかりそうだ。

souce by Cult of mac

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【価格調査】SanDisk X600が下落、2TBが4万円割れ
トリプルファンもいける大型サイドフローCPUクーラー
無職男、“来店ポイント”を不正に取得し逮捕 呆れる声集まるも被害金額に驚愕
Windows 10 October 2018 Updateの再配布は近い - 日本マイクロソフトのメディア向け勉強会から
建築現場用が家庭で大ウケ! マキタの充電式クリーナが革命を起こした理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加