Galaxy Note 7の爆発で、500〜700万人がiPhoneへ「転向」

Galaxy Note 7の爆発で、500〜700万人がiPhoneへ「転向」

  • iPhone Mania
  • 更新日:2016/10/19
No image

KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏によれば、爆発事故が相次いだGalaxy Note 7の生産終了で得をしたのはAppleとHuaweiだそうです。

500〜700万人がiPhoneへ「転向」

ミンチー・クオ氏は、一連の爆発事件がなければ2016年に1,200〜1,400万台のGalaxy Note 7が売れていただろうとしたうえで、結果的にリコールや生産終了によって、そのうちの500〜700万人ほどのユーザーがiPhone(主にiPhone7 Plus)に流れたと予測します。同氏によれば、Galaxy Note 7からの「転向」ユーザーは以下の4パターンに分類できるのだとか。

もうSamsungブランドを信用しない

もともとはiOSユーザーだった

デュアルカメラ機能に惹かれた

キャリアの購入補助キャンペーンを好感した(iPhone7/7 Plusは9月もっとも強く販促されていた旗艦モデル)

もっともクオ氏は、3〜5週間ほどiPhone7の発注数増加に寄与しただけで、すでにiPhoneのGalaxy Note 7特需は天井を打ったとみています。

また、特需の恩恵を受けるベンダーとしてHuaweiの名も挙げ、同じAndroidであることから、中国やヨーロッパで同社の旗艦モデルMate 9を展開する後押しとなったのではないか、と述べています。

似たような指摘としては、Yahooのテクノロジーエディターであるダニエル・ハウリー氏も、「OSの異なるiPhoneより、同じAndroid端末を選ぶ確率のほうがはるかに高い」と語っています。

Samsungはまだ終わっちゃいない!

では、Galaxy Note 7でSamsungはもう終わってしまったのでしょうか。

ミンチー・クオ氏は、ブランドイメージの毀損は避けられないとしながらも、次期旗艦モデルであるGalaxy S8で同じ轍を踏まない限り、影響はそう長く続かないだろうと考えています。

最先端である10nmプロセス技術の自社製チップを搭載し、VR(仮想現実)にも十分対応するだけの高スペックを誇るモデルですが、同社が「品質のコントロールに甚大な努力を払ってくる」のは言うまでもありません。事実、これまで自前で行っていたバッテリー審査を、S8からは第3者機関に依頼するとみられています。

Source:MacRumors
(kihachi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Androidカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
LTE対応の高音質タブ「HUAWEI MediaPad M2 8.0」がAndroid 6.0にアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加