12月14日は三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」...ウェザーニューズが全国の天気傾向を発表

12月14日は三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」...ウェザーニューズが全国の天気傾向を発表

  • インターネットコム
  • 更新日:2017/12/07
No image

すべての動画・画像がある記事はこちら

ウェザーニューズは、三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」が見頃を迎える14日夜~15日明け方の全国の天気傾向を発表した。当日の天気は、日本海側は雲が広がりやすいものの、太平洋側では晴れて、好条件での流星観測が期待できるとしている。

■ふたご座流星群とは?
ふたご座流星群は、「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」と並ぶ三大流星群の1つ。流星群の中では流れる数が多く、ピーク時には1時間に40個以上の流星が見られることもある。また早い時刻から流星が出現し始め、ほぼ一晩中流星が出現するため、観察しやすい流星群でもある。

放射点があるのは、東の空に見えるふたご座「カストル」付近。今年の出現のピークは12月14日16時頃と予想されており、13日や14日の夜が見ごろとなる。流星観測は放射点が高く上る21時以降が適している。

今年は出現ピーク新月直前となるため、月明りの影響がない、好条件での観測が期待できる。

■当日の天気は?
14日夜~15日明け方は冬型の気圧配置となり、比較的雲の少ない太平洋側や沖縄・奄美では、流星観測に期待ができそう。一方、西日本では、高気圧の縁をまわって流れ込む湿った空気と前線の影響で雲が広がりやすくなる。日本海側では雲の隙間を狙っての流星観測となり、九州南部では観測には難しい条件となりそう。また、北陸や北日本の日本海側も雲が多く、観測が難しい予想。

この予報は12月7日時点のもの。最新の情報については、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」内の「星空 Ch.」、およびウェザーニュースの特設サイト「ふたご座流星群」を参照されたい。

■「ふたご座流星群」を生中継
24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、観測に適すると予想される全国3か所から流星を生中継する番組を、14日20時から22時30分まで放送する。今回は、ゲスト解説者に国立天文台職員をスタジオに迎え、“リアルタイムプラネタリウム”を届ける予定。番組はウェザーニュースのWebサイトの他、ニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVE、Periscope、FRESH!など各種動画サイトで視聴できる。

すべての動画・画像がある記事はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ベンツの運転手に絡まれ煽られていた軽自動車。しかし軽の方が一枚上手だった
「夢や目的を持つ魅力ある旅行」タイ国際航空初の学生アンバサダーキャンペーン報告会
想像以上にひどい“中高生の文章読解能力崩壊”もう日本語でも会話は通じない!!
清水良太郎初公判!“親バカ”清水アキラの「保釈拒否エピソード」に、法曹関係者から怒りの声
肛門に空気入れ死亡か 逮捕の2人「ふざけて...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加