駒大・上野が1安打完封!連勝で1部残留 中畑OB会長も「よくやった!」

駒大・上野が1安打完封!連勝で1部残留 中畑OB会長も「よくやった!」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/11/10

◇東都大学野球秋季リーグ1、2部入替え戦第2日 2回戦 駒大(1部6位)2―0拓大(2部1位)(2019年11月10日 神宮)

No image

<駒大・拓大>完封で勝利しガッツポーズする駒大・上野 (撮影・白鳥 佳樹)

駒大が拓大に連勝して1部残留を決めた。初戦を接戦でものにした駒大は先発の上野翔太郎(中京大中京)、打っては4番の平野英丸(静岡)の4年生が投打に活躍してチームを牽引した。

2部時代の青学大戦に先発して以来「2年半ぶりくらいです」(上野)という上野は、140キロ台のストレートにカットボール、チェンジアップなどをコーナーに決め拓大打線を寄せ付けない。5回に初安打を許したが、ヒットはその1本だけ。「最下位になった悔しい思いをマウンドでぶつけました。きょうはまだ投げられるくらいいい感じだった」と三塁を踏ませぬ好投を振り返った。

“入替え男”と言われた平野も先制の足がかりとなる二塁打を放つと、5回には左前に貴重な2点目の適時打。2試合で8打数5安打と爆発し、打線を引っ張った。

「入替え戦前から4年生の意地を見せようとい言ってきた。きょうは上野も気合が入っていたし、2部落ちして卒業するわけにはいきませんから」とホッとした表情を浮かべた。ネット裏で観戦していた中畑清OB会長も「よくやった!」と試合後のロッカーを訪れナインを称えた。大倉孝一監督は「これで仕切り直しが出来る。グラウンドも完成して、リーグ戦の反省を生かしたい。これで来季ダメなら監督がポンコツということです」と1部残留を決め、来季を見据えていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
松坂大輔が古巣復帰、“不良債権”を買い取った西武ライオンズがはじくソロバン勘定
韓国、逆転勝ちで五輪切符 野球プレミア12
【プレミア12】侍J、2日連続で韓国戦へ プロ参加後は7勝10敗、日韓戦の死闘を振り返る
異色右腕・松本直晃のトライアウト。来年父になる男の「夢の続き」
ミスタークロ“冠”や!阪神・片山、驚異の身体能力で“独走”猛アピール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加