「SW」「007」撮影スタジオ、英パインウッド売却完了 今後も拡張路線

「SW」「007」撮影スタジオ、英パインウッド売却完了 今後も拡張路線

  • 映画.com
  • 更新日:2016/10/20
No image

バッキンガムシャーにあるパインウッドスタジオ Photo by Bruno Vincent/Getty Images

スター・ウォーズ」や「007」シリーズなどの撮影スタジオを傘下に持つ英パインウッド・グループが売却されたと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

同社は、ヨーロッパで最大のスタジオ施設をイギリスに構え、カナダやアメリカ、マレーシア、ドミニカ共和国にも展開。イギリスのバッキンガムシャーにあるパインウッド・スタジオは1936年のオープン以来、「007」シリーズの撮影拠点として使われてきた。

近年では「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続いて、「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」や「スター・ウォーズ エピソード8(仮題)」の撮影が行われたこともあって、過去最高の年間収益を記録。同社は、株主価値を高めるため身売り先を探していた。

このたび、英投資ファンドPicture Holdco Ltdによるパインウッド・グループの買収が完了。買収総額は3億2330万ポンド。今後はパインウッド・スタジオを拡張していくという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
これが人間業なのか!?目黒雅叙園の百段階段に超絶技巧の作品が集結「神の手●ニッポン展II」
アニメ史上最も「悲惨なバッドエンド」を迎えた作品ランキング
ギレルモ・デル・トロ監督がコナミを痛烈批判―小島監督めぐり
【超高額バイト】バイオハザードが『日給8万1000円』のゾンビ警備員を募集しているぞーッ! 仕事も報酬もオイシすぎる!!
実写版「ポケモン」映画の監督が決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加