帰ってきた名将ハインケスはバイエルンの何を変えるのか? そして何が変わるのか?

帰ってきた名将ハインケスはバイエルンの何を変えるのか? そして何が変わるのか?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/10/12
No image

左から、タパロビッチGKコーチ、ヘアマン・コーチ、ハインケス監督、ゲルランド・コーチ。この体制で、バイエルンは序盤の出遅れを取り戻しにいく。 (C) Getty Images

No image

近年の隆盛バイエルンの象徴的存在と言っても良いミュラー。3冠の栄光を再現する上で、その存在は不可欠である。ファンも、彼の完全復活を心待ちにしている。 (C) Getty Images

No image

クラブ史に残る2013年の3冠を成し遂げた名将ハインケス。バイエルンをシーズン途中で率いるのは、終盤の残り5試合で指揮を執った08-09シーズン以来2回目である。写真は03年のCL優勝時。 (C) Getty Images

カルロ・アンチェロッティの解任を噂する人はいたとしても、まさか本当にされるとは誰も思っていなかったことだろう。序盤の躓きはどんなクラブでも起こりうること。シーズンはまだ長い。むしろ、ここからが腕の見せどころだと思われていた。

だが、改善の兆しが見られないことに、選手や首脳陣の不満は想像以上に膨れ上がってしまっていた。昨シーズン、チームとしての成長が見られなかったことで、アンチェロッティの手腕を疑問視する声が上がっていたことは事実である。

プレシーズンから一向に負荷の上がらないトレーニング内容に、アリエン・ロッベンが、自身の息子が所属するDユース(U-13)の方がまともな練習をしていると首脳陣に直訴したことがあったと『ビルト』紙が報じていた。

だが、それでも変わらなかった。変われなかったのか、変わろうとしなかったのか、変わる必要がないと思ったのか……。

アンチェロッティは、どんなプランで立てていたのだろうか。元々、シーズンを通してプランニングする指導者だ。彼からすれば、序盤の不調も計算の範囲だったのかもしれない。だが、今となってはもう、彼の腹積もりを知ることはできない。

アンチェロッティの問題は、スタメン決断の理由が結果として表われなかったことにある。スタメンで起用された選手が、監督のイメージ通りのプレーで勝利に貢献すれば、「なるほど、そのための起用だったのか」と説得させることができる。

もちろん、そうしたイメージはアンチェロッティも持ってはいたことだろう。

例えばチャンピオンズ・リーグ(CL)では、強力な攻撃陣を誇るパリ・サンジェルマンを前に、センターハーフ・タイプを3人並べることで中央の守りを固くしながら、中盤の構成力を上げ、ボールをうまく保持しつつ、攻撃のリズムを作ろうとした。

だが、ネイマールにあっさりと突破を許してダニエウ・アウベスに先制ゴールを決められたシーンからも分かる通り、これが全くハマらなかった。機能しないサッカーを見て、ベンチスタートを余儀なくされた選手は「そら見たことか」と、起用法自体に不満を抱く。

何かがチームのなかで、プツリと音を立てて切れてしまったようだった。

そんなチームに、救世主として迎え入れられたのがユップ・ハインケスだ。72歳ながら、「体調も良いし、気持ちもまだ新鮮だ」と意欲を口にしている。

トーマス・トゥヘルやユリアン・ナーゲルスマンという名前が後任候補としてメディアに何度も登場していたが、首脳陣は危機的状況の今、クラブのことを知らない新顔を起用するべきではないという結論に達し、ハインケスに託した。

万全の態勢を整えようと、クラブも最大限のサポートを施した。

かつてのハインケスの盟友で、これまでデュッセルドルフのアシスタントコーチを務めていたペーター・ヘアマンを獲得するべく、アシスタントコーチの移籍金としてはブンデスリーガ最高額となる175万ユーロ(約2億2800万円)を支払った。

そして、バイエルンの育成部長となっていたヘアマン・ゲルランドを、アシスタントコーチに戻した。

3冠を達成した時のスタッフ勢揃いで、巻き返しを図るつもりなのだ。 では、ハインケス就任でバイエルンのサッカーはどのように姿を変えるのだろうか。

引き出しが特別、多いわけではない。だが、必要なプレーを徹底させることには長けている。5年前、守るための動きをしたことがなかったフランク・リベリとロッベンに、守備の大切さを伝えたのが、ハインケスだった。

今のバイエルンでは、多くの選手がそれぞれ、自分のプレーばかりを考えてしまっている。あれほど守備にも奔走していたロッベンが、ボールを失うと足を止めるようになってしまった。

何のために、なぜ、どこまで守備をやらなければならないのか――。まずは攻守における、それぞれのやるべきプレーの整理がなされなければならない。

「ロベリ」にはともに、5年前ほどの打開力があるわけではない。だがその分、味方を使うプレーは上手くなっている。ならば、どのような組み合わせで、どこを強化するのが最適なのかを詰めていく必要がある。リベリを起用するなら、単独でサイドに張らせるのではなく、周りで動ける選手も必要になる。

せっかく獲得したハメス・ロドリゲスや、コランタン・トリソの良さを活かすことも大切だ。

また、昨シーズン、MVP級の活躍を見せたチアゴ・アルカンタラの復調も必須である。ここでも、アスレティック・ビルバオやレアル・マドリーでの指導歴があり、スペイン語や英語を話せるハインケスの存在は、非常に大きな意味を持つ。

そして何より、バイエルン・ファンの興味は「(トーマス・)ミュラーを蘇らせることができるか」という点に向けられる。

一昨シーズンには自身最多となる20ゴールを挙げる大活躍ぶり見せたが、アンチェロッティ政権下では出場36試合でわずかに6ゴール。大事な試合で控えに回ることも多く、不満を燻らせていた。

だが、水曜日に行なわれたトレーニングでは、自由を与えられ、かつての輝きを取り戻そうと必死に汗を流していた。相手守備の嫌がるところへ神出鬼没の動きを見せるミュラーの復調は、バイエルンの再浮上には欠かせない。

ハインケスの監督就任が決まると同時に、多くの選手・指導者からの祝福のメッセージがSNSに溢れていた。誰からも高く評価されるその指導力で、王者としての輝きを取り戻すことができるか。初陣となる土曜日のフライブルク戦では、どんな試合を見せてくれるか。非常に楽しみだ。

文:中野 吉之伴

【著者プロフィール】
なかの・きちのすけ/1977年7月27日秋田生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA−Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。「ドイツ流タテの突破力」(池田書店)監修、「世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書」(カンゼン)執筆。最近は日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バルサ、マンU、パリSGが3連勝!一方アトレティコは3戦終えて勝ち点2と苦戦:GL第3節2日目
ピケ退場後にメッシが直接FK弾&1アシスト...バルサはCL無傷の3連勝
こんなのあり!? 数的不利に陥ってから2得点...バルサがCL開幕3連勝!!
“MCN”トリオがまた全員得点!パリSGは4発快勝、3戦12得点無失点の3連勝
ジェコのスーパー弾などでローマが0-2から大逆転も...チェルシーが意地のドロー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加