最新ランキングをチェックしよう
空間に落書きできるAR時代のSNSアプリ「Graffity」正式公開、総額3000万円の資金調達も

空間に落書きできるAR時代のSNSアプリ「Graffity」正式公開、総額3000万円の資金調達も

  • TechCrunch
  • 更新日:2017/11/03

位置情報に写真・動画の投稿、SNSを組み合わせたアプリやサービスはいろいろリリースされているが、さらにAR(拡張現実)の要素が加わったアプリが登場した。11月3日に正式公開された「Graffity」は、スマホで空間に絵やテキストを落書きしたり、スタンプや写真を置いたりすることができ、置かれたオブジェクトと周りの風景を一緒に撮影して動画でシェアできる、AR動画のSNSアプリだ。Graffityで撮影

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「何をやっていたんだ?」阪神コーチ陣に厳しい声も 山本昌臨時コーチがチーム内外で評判を呼んでいるワケ
橋本愛の“ガリガリ写真”に恐怖の声続出...「閲覧注意レベルだよ」
アイリスオーヤマがテレビ事業本格参入、4K・音声操作対応 - 43V型で約99,800円から
お弁当を無断キャンセルされ「無駄よりつらい」こととは? 奈良の人気とんかつ店のツイートが話題に
うそだろ? 日本の水族館では展示物に蓋がない・・・これが民度か=中国
  • このエントリーをはてなブックマークに追加