巨人・由伸監督 ドラフト戦略はスカウト陣に“お任せ”

巨人・由伸監督 ドラフト戦略はスカウト陣に“お任せ”

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/19
No image

巨人・高橋由伸監督(41)が17日、ドラフト戦略について一切関与しない考えを明かした。20日に行われるドラフト会議の話題に「ドラフト候補選手の映像は多少、見ることはあるかもしれない。ただ、意見を言うことはない」と言い切った。

ドラフトは来季の新戦力を発掘する貴重な場。指揮官によっては自身の要望などを伝える場合もあるが「編成の問題は各担当の方がいる。われわれは選手の力を出させるのが仕事」と語った。

この日は川崎市のジャイアンツ球場で秋季練習がスタートした。この秋は外野手の重信を二塁、内野手の岡本を外野で練習させるなど、若手の可能性を探っていく方針。指揮官は「選手個々が頑張ってもらわないと」と奮起を促していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッテ、前阪神ゴメス獲得決定的 デスパイネのソフトバンク流出確実で
陽岱鋼、巨人入り決定的 史上初の同一年FA3選手獲得
陽岱鋼も獲得!? 今オフ、巨人が水面下で大補強に動く理由「やっぱりまた...」
大谷の年俸急落、MLB新ルールで上限5・5億円
ハンカチ王子にうんざり、やっぱりの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加