小林祐希が左足ミドルで大殊勲弾! 地元紙が「ウルトラショット」「自信満々の一発」と称える

小林祐希が左足ミドルで大殊勲弾! 地元紙が「ウルトラショット」「自信満々の一発」と称える

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/09/24
No image

アウェーサポーターの声援に応える小林。これでヘーレンフェーンは4連勝で暫定首位に浮上! (C)Getty Images

所属するヘーレンフェーンを、オランダ・エールディビジの暫定首位に押し上げる大活躍だ。小林祐希が値千金の逆転ゴールをねじ込んだ。

9月23日、同リーグの第6節。下位に沈むヴィレムⅡの本拠地に乗り込んだヘーレンフェーンは、開始12分に先制される苦しい展開。それでも地力に勝る精鋭軍団はボール支配と鋭い出足で徐々に敵を追い込み、ペースを掴んでいく。

前半アディショナルタイムにMFスタイン・スハールスが鮮やかな直接FKを決めて同点。後半は開始から一気呵成に攻め立て、59分に歓喜が訪れる。ヴィレムⅡのクリアボールを拾ったスハールスが小林に横パス。およそ20メートルの距離から自慢の左足を振り抜くと、ダイアナゴルな軌道を描いてゴール右隅へズドンと決めた。

日本代表MFは「見たか!」と言わんばかりに、両手を開いて仁王立ち。この逆転ゴールが決勝点となり、ヘーレンフェーンは2-1で快勝。小林はMVP級の働きを示した。

オランダの国内メディアは4連勝を飾り、暫定首位に立ったヘーレンフェーンの快進撃を大々的に報道。小林のファインゴールへの賛辞も相次いだ。

サッカー専門サイトの『Voetbal International』は、「チームを首位に押し上げるウルトラショットを、ユウキ・コバヤシは自信満々に蹴り込んだ。会心のショットだったはずだ」と称賛。「強すぎるヘーレンフェーン」と銘打ったのが全国紙の『NRC』。こちらは、「試合を決めたのは日本人のコバヤシだ。今シーズンの初ゴールで、昨年12月3日以来。左足で豪快に挙げた」とレポートしている。

さらに、『V-BAL』紙は「コバヤシのショットはドイツ人GKの有望株、ティモン・ヴェレンロイターにとっては酷なもので、ほぼノーチャンスだった」と描写している。

4-3-3システムの右インサイドハーフが定位置となりつつある小林。この好調ぶりは、日曜日に再来日した日本代表監督ヴァイッド・ハリルホジッチの耳にも届いていることだろう。

10月の代表2連戦でも、存在を示したいところだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ルーニー美弾も実らず...アーセナル、5発逆転勝ちでベンゲルの68歳バースデーを飾る
大食い王“もえあず脱落”に不満続出「ちょっと不平等」
ボヌッチが肘打ちで一発レッド...数的不利のミランはドローでリーグ戦4試合勝ちなし
フジの村田戦CM批判を諭す声多数「ラウンド間CMは当たり前」...中継に感謝も
ボヌッチ退場のミラン、ジェノアと引き分けで4試合未勝利...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加