46歳の釜石SW・伊藤、今季限りで現役引退「肉体と精神の限界」

46歳の釜石SW・伊藤、今季限りで現役引退「肉体と精神の限界」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/12/07

元ラグビー日本代表で、46歳の今季も現役を続けていたNO・8伊藤剛臣(釜石シーウェイブス=SW)が今季限りで引退することが6日、明らかになった。豪快なサイド突破を武器に日本代表62キャップを誇り、多くのファンを魅了したが、自ら精神力、体力の限界と判断して現役生活にピリオドを打つ。

神戸製鋼、日本代表で背番号8を背負った46歳の“鉄人”伊藤が、ついにジャージーを脱ぐ。

「肉体と精神の限界だと判断しました」

伊藤は暴れ馬のような奔放なアタックでファンを魅了。法大3年時に大学日本一に輝き、神戸製鋼、釜石SWと、日本選手権でともに7連覇を遂げた名門で25シーズン活躍した。

釜石SWでは、チームが属するトップチャレンジリーグからトップリーグ(TL)への昇格を目指したが、今季の第1ステージで5位に終わり来季のTL昇格が消滅。「若手が成長してきた」と後輩たちの奮起に期待し引退の決意を固めた。

自身が最も印象に残る試合は、2003年W杯豪州大会のスコットランド戦。W杯で初先発した。「僕らは(11-32で)敗れたが、全員が頭からタックルした試合。初めてブレイブ・ブロッサムズ(勇敢な桜)といわれた」。19年W杯の1次リーグでスコットランドと再戦する日本代表の後輩たちに雪辱を託す。

残された試合は9日から始まる第2ステージでの中部電力戦(江戸川陸)を含めた3試合。日本ラグビーをけん引した鉄人が完全燃焼する。

伊藤 剛臣(いとう・たけおみ)

1971(昭和46)年4月11日生まれ、46歳。東京・荒川区出身。法政二高1年からラグビーを始め、高校日本代表。法大-神戸製鋼-釜石SW。日本代表キャップ62。1メートル85、92キロ。

No image

日本ラグビーをけん引した46歳の鉄人・伊藤がついに現役引退を決断した

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
カンニング竹山「相撲協会は貴乃花部屋を潰したいのか」発言が波紋!
ビール女子・天野麻菜、ついに1500日目の投稿
韓国の化粧品メーカー、わいせつ容疑のアイドルを広告モデルに起用で大ひんしゅく=韓国ネット「非常識」「ファンも目を覚まして」
森高千里「奇跡の48歳」を証明も、唯一隠せなかった部分とは?
永尾まりやが熱演、配信ドラマ版『不能犯』ダイジェスト映像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加