サンワサプライ、段違い構造のUSBコンボハブを発売

サンワサプライ、段違い構造のUSBコンボハブを発売

  • MdN
  • 更新日:2017/09/15
No image

400-HUB054S

サンワサプライ株式会社は、直販サイト「サンワダイレクト」において、USBコンボハブ「400-HUB054S」(microSDカードリーダー付き)および「「400-HUB055S」(カードリーダー非搭載)を発売した。

両製品は、USB3.0ポートとUSB2.0ポートを搭載したUSBコンボハブ。「400-HUB054S」は、USB3.0ポートが1ポートとUSB2.0ポートが2ポート、さらにmicroSDカードリーダースロットが1スロット搭載されており、カードリーダーとしても使用できる。「400-HUB055S」は、USB3.0ポートが1ポートとUSB2.0ポートが3ポート搭載している。

両製品ともにケーブル長は約50㎝で、挿し込みがしやすいように段違いデザインとなっており、接続した機器同士が干渉しにくい構造になっている。また、付属の面ファスナーでUSBハブの位置を固定できる。

サイズは「400-HUB054S」が40(幅)×50(奥行)×21(高さ)㎜、重量は約36g。「400-HUB055S」は40(幅)×50(奥行)×21(高さ)㎜、重量は約25g。

サンワサプライ株式会社
URL:http://sanwa.jp/pr/400-HUB054S
URL:http://sanwa.jp/pr/400-HUB055S
2017/09/15

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
3D NAND採用の2.5インチSSD「Ultimate SU650」がADATAから
車のシートコスプレで無人自動運転風にする男、フォード社と大学の研究プロジェクトだった
元気活発な小型犬の名前をつけたPocketBeagleは今の市場で最小のシングルボードコンピューターだ
ワイヤレスイヤホンの本命!? BOSE、ケーブルなしの「SoundSport Free」来月発売
100万量子ビットの処理も可能な光量子コンピュータの実現法 - 東大が発明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加