暁斗 悲願金へ出陣 鍵を握る“強風”「他の選手がけん制すれば有利」

暁斗 悲願金へ出陣 鍵を握る“強風”「他の選手がけん制すれば有利」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/15

◇平昌冬季五輪 ノルディック複合個人ノーマルヒル(2018年2月14日)

No image

渡部暁斗

ノルディックスキー複合の渡部暁斗(29=北野建設)が14日、最初の種目となる個人ノーマルヒルに挑む。13日は公式練習が行われ、ジャンプは強風のため中断を挟みながら実施。3回目に102・5メートルを飛んで全体2位と、順調な仕上がりをアピールした。スピードスケート高木美やジャンプ高梨らがメダルを獲得し、「日本チームにいい流れが来ている。それに僕も乗っていけるようにしたい。まだ金メダルを獲っている人がいないので、第1号になれれば」と誓った。

今季は絶好調だ。すでにW杯でシーズン自己最多の5勝を挙げ、個人総合は首位。金メダルに最も近い男として五輪本番を迎えた。これまでW杯個人総合は2位3度。14年ソチ五輪は個人ノーマルヒルで銀。シルバーコレクターと称されることも多く、五輪金メダルは悲願となる。

強風が鍵となるが、ジャンプに関しては「風のせいにはしたくない。いいジャンプをすれば」と気にしていない。一方、距離の風の影響についても「大きな集団も単独で逃げるのも嫌。全部嫌になっちゃうけど、しっかりと自分で攻めたレースをしたい。他の選手が(風の影響で)けん制すれば、僕には有利」と前向きに捉えた。金メダル第1号に向け、大将格が出陣だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
またも衣装はだけ、フランス組あわやのアクシデント
宇野昌磨選手「課金は負けではない」の名言にソシャゲ民感涙!
韓国脱げずにフランス脱げた「最悪の悪夢が起きた」
浅田真央にイライラを募らせる日本スケート連盟
「ベタベタしすぎ」宇野昌磨の樋口コーチに心ないバッシングが相次ぐ理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加