阪神・糸井が故障後初のシートノック 掛布2軍監督は「(状態は)問題ないよ」

阪神・糸井が故障後初のシートノック 掛布2軍監督は「(状態は)問題ないよ」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/13

阪神・糸井嘉男外野手(36)が13日、鳴尾浜での2軍練習に参加し、負傷後初となるシートノックで右翼から三塁、本塁などへ矢のような送球を披露。7月17日の広島戦(甲子園)で空振りした際に右脇腹を負傷し、その後右脇腹筋挫傷と診断されてからはリハビリをこなし、着実に状態をあげてきた。

練習を目にした掛布2軍監督は「(状態は)問題ないよ」と目を細め、糸井の実戦復帰が予定されている15日のウエスタン・リーグ、オリックス戦(鳴尾浜)に向けて「盗塁もさせるよ。自由にしてくれってことだよ」と大暴れに期待した。

No image

右翼の守備位置でノックを受ける阪神・糸井=西宮市の鳴尾浜球場(撮影・二星昭子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人・宇佐見、1号がサヨナラ本塁打!球団5人目の快挙「最高です!!」
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
“阿部2世”巨人・宇佐見「最高でーす!」プロ1号がサヨナラ
盛岡大付3番植田2打席連発、両軍5発の乱打戦制す
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加