大坂なおみ、雨天中止で「なんでやねん」準々決勝21日に順延 勝てばWヘッダーも

大坂なおみ、雨天中止で「なんでやねん」準々決勝21日に順延 勝てばWヘッダーも

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/09/21
No image

傘を手にファンの声援に応える大坂なおみ(撮影・山口登)

「女子テニス・東レ・パンパシフィック・オープン」(20日、ITC靱TC)

大会初優勝を狙う世界ランク4位の大坂なおみ(21)=日清食品=と、同36位のユリア・プティンツェワ(カザフスタン)による準々決勝が行われる予定だったが、雨天順延となった。午後2時過ぎから雨が降り出し、シングルス1試合を消化したところで中断。20時過ぎに残るシングルス3試合、ダブルス2試合の順延が決まった。その後、大坂はファンの前に姿を見せ「今日はきてくれてありがとう」。知っている関西弁で「“なんでやねん”、“おおきに”」を披露し、「まいど!おおきに!」と、雨の中、待ち続けた観客に感謝した。

大坂の準々決勝は21日の12時開始に決定。勝てば同日の3試合目に準決勝も行われる“ダブルヘッダー”の可能性が出てきた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日産「NEXT GAME CHANGERS」プロジェクト始動 第1弾は大坂なおみが次世代のテニスプレーヤーを応援
ワウリンカ4強 シモン撃破
「残念」プイユが今季終了へ
元世界1位のマレー「正しい方向に進んでいる」。復帰後初のベスト4で自信
チリッチ 熱戦制し4強へ進出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加