田口良一 現役続行を表明「リベンジしたい気持ちが強くなった」

田口良一 現役続行を表明「リベンジしたい気持ちが強くなった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/09/21
No image

現役続行を表明した田口良一(中央)。左は渡辺均会長、右は梅津宏治トレーナー

ボクシングの元WBA・IBF統一世界ライトフライ級王者の田口良一(31)=ワタナベ=が20日、都内の所属ジムで会見を開き、現役続行を表明した。

田口は5月にヘッキー・ブドラー(南アフリカ)に3者とも1点差の判定で惜敗し、約3年5カ月防衛した王座から陥落。試合後は周囲に引退の意思を告げたが、約1カ月悩んだ末に、「(ブドラー戦は)納得できない不完全燃焼で、リベンジしたい気持ちが強くなった」と決意した。

「減量が昔に比べて大変」とフライ級も視野に入れ、所属ジムの渡辺均会長はライトフライ級で王座を奪回させた後、24日に行われるWBO世界フライ級王者・木村翔(青木)-挑戦者・田中恒成(畑中)戦の勝者に挑戦することを計画。「田口はチャレンジする試合は強い」と復活を期待した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
村田諒太が公開練習、日米50人以上の報道陣 対戦ブラントと“ニアミス”も/BOX
日本人ボクサーのトップ2――圧倒的な勝利を収めた井上尚弥と2度目の防衛戦に臨む村田諒太の現在地と今後
フジが村田諒太の米V2戦放送、解説は長谷川穂積氏
メリンド計量ギリギリパス...王者・拳四朗もビックリ
村田諒太、現地での調整は順調 減量も「予定通り」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加