飛行機での旅の途中で乱気流に遭遇しても冷静でいる方法

飛行機での旅の途中で乱気流に遭遇しても冷静でいる方法

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2017/08/11

飛行機に乗っているとき、乱気流に遭うと本気で恐怖を感じることがあります。しかし、不安になって取り乱す必要はありません。飛行機に乗る以上、乱気流はなかなか避けられませんが、その恐怖とどう対処するかは自分でコントロールできます。

現役のパイロットで、Ask the Pilotというサイトを運営しているPatrick Smithさんに、フライト中の乱気流にどう対処したらいいか聞いてみました。彼は、乱気流に関する記事を書いており、その記事で、一般的には乱気流に遭遇しても心配する必要がない理由を説明しています。

パイロットなら、乱気流に遭うと、まっさきに意識するのは安全性より快適性です。よりスムーズな飛行条件を求めて機体が高度を変えるのは、概して快適性を求めてのことで、翼が折れる心配をしているからではありません。乗客がリラックスしていられて、コーヒーがこぼれないようにしようとしているのです。機体はかなり過酷な状況にも耐えられるように設計されており、重力荷重の応力限界まで耐えられるようになっています。機体のエンジンがやられたり翼桁が曲がったりするほどの乱気流は、飛行機に乗る頻度がどんなに高い人でも、パイロットでさえも一生に一度も経験しないでしょう。

乗務員が乱気流に対してどのように反応しているのか、自分の席から見てみましょう。冷静に対処していたら、たとえ揺れがひどいと感じても心配する必要はありません。

自分のシートで準備態勢に入る

航空券を買うときは、できたら機体の真ん中に近い翼の上にある席を買うようにしましょう。ここなら乱気流の感じ方が弱くなるからです。搭乗して自分の席に座ったら、フライト中にどんな乱気流に遭ってもいいように備えておきましょう。

・エンターテインメント:シートに座った状態で気を紛らわすことができるものを準備しておきましょう。読み始めたら止まらなくなるぐらいおもしろい本、お気に入りの映画やテレビ番組、心を鎮める音楽などがおすすめです。

・エチケット袋:座席に備え付けられていることもありますが、そうでない場合は機内に搭乗したら乗務員からもらうなり、自分で持ち込むなりしましょう(液体が漏れないものにしてください)。

・気分が良くなれるもの:やわらかい毛布、ネックピロー、お気に入りのパーカーやスリッパがあると長いフライト中もリラックスできて、乱気流に遭っても冷静でいられます。

リラックスするコツを知っておく

乱気流に遭ったら、揺れが収まるまで冷静でいられるコツをいくつか知っておきましょう。

・呼吸法:ヨガや瞑想をしているなら、自分にあった呼吸法を習得しているかもしれません。そうでない人は、4秒で息を吸い込み8秒で吐く呼吸法を試してみましょう

・揺れを軽減する:床から足を持ち上げると、乱気流による揺れの感じ方が弱くなるかもしれません。

・流れに身を任せる:緊張するよりも筋肉をリラックスさせることに意識を集中させると、乱気流に逆らわず、流れに身を任せられます。いざとなると実行するのは大変かもしれませんが、何か別のことを考えるようにしましょう。

飛行機以外の乗り物に乗っていると、乱気流よりよほど強く揺れることがあります。そういう揺れには単に慣れているので、注意がいかないだけです。普段、地上で車や自転車に乗っているとき、道路にでこぼこがあるせいで、どれだけ揺れるか、地下鉄に乗っていると、どれだけ体が前後に揺さぶられるか、思い出してみてください。

How to Stay Calm During a Turbulent Flight| Lifehacker US

Image:SAPhotog/Shutterstock.com

Source:Ask the Pilot

Reference:Lifehacker US

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
男も女も...ウンコを漏らしちゃった大人たちの体験談
990円からオーダーメイド! 鎌倉「gram」の華奢リングがかわいすぎ
【奈良】毎朝危険運転で目撃されるという車がヤバい。。道交法を完全無視
【ちょっと台湾行ってくる】「遼東航空」のCAが美人揃いすぎィィイイイ! タグ付けされたCAを追っていくと4時間はイケる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加