千代大龍 連敗脱出 “伝統の夕食”「もう1回やりたいですね」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/16

◇大相撲秋場所7日目(2017年9月16日 両国国技館)

千代大龍が貴景勝を押し出して連敗を脱出し、5勝目を挙げた。前日(6日目)に日馬富士に敗れた一番を「考えすぎた」と反省。この日は「真っ向から当たってくる相手。自分の立ち合いをしよう」と、本来の強い当たりではね飛ばした。

所属の九重部屋は、関取衆全員が勝つと師匠が夕食をごちそうする伝統がある。今場所3日目に部屋の関取衆6人全員が勝利して実現。九重親方(元大関・千代大海)が「食べきれないくらい」の焼き肉をごちそうしてくれたという。

まだ首位と1差。優勝争いも期待されるが、それよりも「もう1回やりたいですね」と、全勝祝いの再現がモチベーションだ。九重部屋勢のアンカーとして、白星リレーのバトンをもらうことを楽しみにしながら、後半戦へ向かう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
横審で上位陣“不要論”  北村委員長「これだけ休んでも人気落ちなかった」
大関豪栄道、優勝同点も綱とりの声は上がらず 横審定例会合
日馬、次なる野望は連覇&V10 満身創いも「2桁とりたい」
横綱・稀勢の里 なぜ報じない「年内絶望」と「本当の症状」(1)今年は休んだ方がいい
日馬富士1人横綱の責任全う、逆転Vを支えたものは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加