最新ランキングをチェックしよう
仕事中にも! 恐ろしすぎる「レイプ・ドラッグ」の罠

仕事中にも! 恐ろしすぎる「レイプ・ドラッグ」の罠

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/10/15

酒席だけではない「レイプ・ドラッグ」の罠(※写真はイメージ)

 バーでドリンクに睡眠薬などを混ぜられ、意識を失った女性が暴行を受ける。そうした薬物は「レイプ・ドラッグ」と呼ばれる。だが、昼間の打ち合わせの飲み物に薬を盛られることを、誰が想像するだろうか。被害女性が一部始終を告発する。 7月31日、東京地裁104号法廷。Tシャツと短パン姿の小林光男被告が被告人席に座っていた。「被告を懲役5年とする

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
元女性、性別適合手術で男性になった芸人がTV登場...相方には美人妻
「7-0の試合」「手も足も出ない」 日本に惨敗のキルギス、地元ファンが悲痛な声
眞子さまの“婚約内定者”小室圭さん、「女性セブン」が匂わす、母親の借金以上の問題
日本は世界で最も浪費が多い国、でもその理由を知ったら冷や汗が出た=中国メディア
「2019年1月1日、いよいよ著作権の失効する作品が...」海外の反応いろいろ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加