これってホントに日本茶ですか?遊び心あふれる茶葉を“ジャケ買い”!【日本茶レボリューション】

これってホントに日本茶ですか?遊び心あふれる茶葉を“ジャケ買い”!【日本茶レボリューション】

  • DIGIMONO!
  • 更新日:2018/07/14
No image

掲載:d.365

これまでの常識を覆す、新しくて深淵なる“日本茶”の世界
【日本茶レボリューション】

ペットボトルの日本茶が登場して今年で28年。自販機には必ずといっていいほど日本茶があり、もはや“自分で淹れる”のではなく、“買う”のが当たり前 ———— もしかすると……自分で淹れるどころか、親が淹れている姿も見たことないなんてヒトもいるかも。時代とともにライフスタイルが大きく様変わりし、あれこれ便利になったはいいけれど、「湯を沸かし、ゆったりとした気持ちで日本茶を淹れ、それを憩いながら飲む」という時間が失われてしまっているのでは? だからこそ、そんな時間と様式を取り戻そう……というのではなく!(いや、それもあるが)今、“新たな魅力ある嗜好品”として日本茶への注目度が高まっている。茶葉の選び方、抽出方法、そしてそれらをどうアピールするか? そのあたりがなんとも斬新で好奇心をくすぐられてしまうのだ。だが、そこには代々受け継がれてきた、真摯な茶葉づくりがあってこそ!まさに温故知新でレボリューションな“ジャパニーズ・ソウルティー”こと日本茶ライフ、はじめませんか!

【詳細】他の写真はこちら

“ジャケ買い”茶葉
Part4 目にもおいしいパッケージ
日本茶パッケージの世界も日進月歩。“シアターコクーン”のようなスタイリッシュ派から、“浅草東洋館”のような演芸系まで多彩な顔ぶれに。感覚的な出会いがあってもいいじゃないか!
ということで、一瞬に恋に落ちそう♡な茶葉をご紹介。

製茶問屋による激ウマティーバッグ

山壽杉本商店
役者が揃ったTEA BAG
価格:1080円

超精密にレザーカットされた切り絵(タグ)を備えたティーバッグ。見た目が楽しいだけじゃなく、静岡県産の高級一番茶葉を使った本格派。立体テトラ型のメッシュ素材のティーバッグで茶葉が充分に開く。切り絵のモチーフは侍、十二単、忍者、助六など“ジャパニーズ文化”。パッケージには英語での解説付き。タグは壁に貼ったり、栞にしたり……と遊べます。

水にもお湯にもよく溶けるペンタイプの粉末茶

茶ッキー
静岡一番茶
価格:648円

お茶どころは静岡の掛川駅で見つけたオモシロアイテム、その名も「茶ッキー」。名称もさるこながら、かの有名マジックを模した形状には、約20杯分の粉末茶が! この静岡一番茶のほか、ほうじ茶、麦茶、ジャスミン茶など全7種類。ペンケースに入っていたら……危険です(笑)

シングルオリジンの真骨頂を堪能できる!

東京茶寮
008 Z1(ゼットワン)
価格:50g/2400円

東京茶寮
025 Z1(ゼットワン)
価格:50g/1900円

どちらもシングルオリジンで、品種はコクと香りが優れているが栽培が非常に難しいという「Z1」。008は京都・和束の田村勝也さんが、025は静岡・俵峰の杉山和也さんがつくったもの。同品種ながらも産地、生産者が変わると味わいも異なる日本茶の世界に浸って。

タバコ?……いえいえ、チャバコです!

Chabacco
茶草湯深蒸茶、玄米茶(オーガニック)
価格:各630円

これまた掛川駅で発見。レトロなタバコの自販機? と思いきや、シャレのきいた“タバコ型”パッケージに入った日本茶。中には、世界農業遺産に認定された伝統農法「薬草場農法」でつくられた掛川産の茶葉によるスティック茶が8パック。お土産にどうぞ。

※『デジモノステーション』2018年8月号より抜粋。

text山崎真由子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
チェーン店の「うな丼」で1番おいしいのはどこなのか / 吉野家・すき家・なか卯・ほっともっとを食べ比べてみた
これでみんなハッピー!“車内のつまみ食い問題”を解決した、特製バッグ入りポテト
松屋のカレーファンに朗報! 伝説メニューを組み合わせた「ごろごろチキンのトマトカレー」が全国68店舗で限定販売!!
激辛食品おすすめランキングBEST10!辛くて美味しい食べ物ガイド!
怪しすぎるパン屋『考えた人すごいわ』の高級食パンがガチでウマすぎた! 東京・清瀬駅前に誕生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加