間寛平 東日本大震災の被災地激励マラソンスタート...東北3県をたすきでつなぐ

間寛平 東日本大震災の被災地激励マラソンスタート...東北3県をたすきでつなぐ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/12
No image

毎年恒例「みちのくマラソン」のスタートを切った間寛平=福島県富岡町

タレント・間寛平(68)が12日、東日本大震災の被災地を励ますことを目的とした「RUN FORWARD KANPEI みちのくマラソン」を、福島県富岡町からスタートさせた。

震災翌年から毎年恒例の駅伝企画で、今年5月には肋骨(ろっこつ)9本と左鎖骨を折ったが、「東北の復興はまだまだ。今年も走りますよ!もう痛みもなくなった」と元気に宣言。同町は原発事故の避難指示が帰還困難区域を除いて4月に解除されたが、倒壊家屋が多く残っており、「前はきれいな町やったと思うんです。そんなところでも手が足りないんやと思う」と胸を痛めた。

「-みちのくマラソン」は東北3県を吉本芸人らでたすきをつなぎ、24日に宮城県宮古市でゴールを迎える予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ついに東大で起こった非常勤職員の「雇い止め争議」その内幕
ビル30階建て相当のすごい船「ちきゅう」が一般公開!見学者9000人を募集中
大文字焼きがLED照明に 「やめてしまえ」「これも時代の流れか」
速報 加計学園の獣医学部新設の設計関連文書全文を入手 専門家から疑問、続々
岐阜・瑞浪市の中央道で土砂崩れ 10人以上けが
  • このエントリーをはてなブックマークに追加