83年使用...修繕終えた祭りの「踊り屋台」燃える

83年使用...修繕終えた祭りの「踊り屋台」燃える

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/20
No image

千葉県佐倉市で、修繕したばかりの祭りのシンボルが燃えました。

17日午前4時半ごろ、佐倉市の倉庫で火事があり、祭りの時に街のなかを引き回す「踊り屋台」がほぼ全焼しました。地元の祭礼委員会によりますと、この踊り屋台は1933年に作られたもので、屋根と床を今年、約140万円かけて修繕したばかりでした。
祭礼委員会役員の男性:「悔しいですよね。床と屋根に関しては全部、修繕したばかりなので、自分らは今度、子どもにつなげなければいけないものだと思っていますので」
倉庫の周辺に火の気はなく、警察は失火と不審火の両面で捜査しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
狂乱のASKA逮捕劇! その裏で、NHKクルーが怪しげな行動......「一目散に現場を離れていった」
「日本死ね」が許されるなら「憲法死ね」もだ
飲酒運転隠すため飲酒...被害少年が恐怖語る
上西議員、東大法学部卒の国会議員は絶対逮捕されない「みんな知ってる」
車のタイヤが外れ直撃...重体の女性が死亡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加