新「Edge」ブラウザ、Windows 7にもリリース - 阿久津良和のWindows Weekly Report

新「Edge」ブラウザ、Windows 7にもリリース - 阿久津良和のWindows Weekly Report

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/06/24
No image

Microsoftは米国時間2019年6月19日、Windows 7およびWindows 8.1向けに、Chromiumベースの新Microsoft Edge(Canaryチャンネル)をリリースした。Windows 7は2020年1月14日に延長サポート期間終了を迎え、残すところ半年でEoS(End Of Support)となるWindows 7向けに新Edgeをリリースした理由は、Windows 7のシェアが大きいからと見る。

日本マイクロソフトが提示した数値によれば、2018年12月時点でWindows 7が稼動しているデバイス数は、法人が約1,581万2,000台、個人が約1,107万7,000台。合わせて約2,688万9,000台だ。同社はEoSその日を迎える段階でも、約1,750万5,000台のWindows 7が残存すると見込んでいる。

現在も、仕事用PCのOSがWindows 7という読者諸氏は多いことだろう。筆者が身近に感じる例として、いろいろな発表会でスクリーンに動画が流れるとき、Windows Media Playerのコントロールが現れる場面があると、「この企業もリース期間の関係でWindows 10に移行できないのだろう……」と残念に思ってしまう。

Microsoftは、Windows 7とWindows 8.1向け新Microsoft Edgeのリリースについて、「サポート対象となるすべてのWindowsとmacOSで、常に最新のプラットフォームと同一の開発者ツールを提供する」と述べている。Microsoftの開発者向け年次イベント「Build 2019」では、Internet Explorerモードサポートを発表するなど、新Microsoft Edgeの企業内利用をうながす意図が見え隠れした。

さらにMicrosoftは、新Microsoft Edgeの利用者増で得られたフィードバックやテレメトリーデータを用いて、ソフトウェアの品質向上を目指す狙いもあるはずだ。この流れで考えるなら、一部で噂されているLinux版の新Microsoft Edgeのリリースもあながち否定できない。

個人的には、ブックマークや拡張機能の同期はマルチデバイスで利用するWebブラウザに欠かせない機能だと思う。しかし、旧Microsoft Edgeは同期ロジックの変更に伴う不安定さがあり、新Microsoft Edgeは開発途上ということもあって、最新バージョン(77.0.197.0)でサポートしているのはブックマークと設定の同期のみだ。

今回リリースしたWindows 7とWindows 8.1向けの新Microsoft Edgeも、ダークモードやAAD(Azure Active Directory)サインインの未サポートなど、見劣りする部分は少なくない(Microsoftは「間もなく解決」と述べている)。

Microsoftがユーザーコミュニティーの意見を吸い上げながら開発を進めているのは重々承知している。だが、新Microsoft EdgeがGoogle ChromeやMozilla Firefoxユーザーの関心を引くためには、よりアジャイルな開発が必要ではないだろうか。新Microsoft Edgeに期待を込めて、開発陣には奮起を期待したい。

阿久津良和(Cactus)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
4Kチューナー搭載テレビ、パナソニック製が2位に、1位にランクインした製品は? 4Kチューナー搭載テレビ売れ筋ランキング
世界初の骨伝導・完全ワイヤレス、その自由さは癖になる
ダイソーで品切れ続出の商品も!? 今が買いのVRヘッドセット3選
「成人サイト」閲覧データが流出の危機、追跡ツールも公開中
Apple創業者のスティーブ・ウォズニアックが「人々はFacebookから離れるべき」と警告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加