警視庁おすすめ、「針がないときに破れた服などを縫う方法」に反響 - その発想はなかった

警視庁おすすめ、「針がないときに破れた服などを縫う方法」に反響 - その発想はなかった

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/01/21

災害にたいする備えを日々ツイートしている「警視庁警備部災害対策課」の公式アカウント。昨年に公開した「針がないときに破れた服などを縫う方法」の反響が大きかったとのことで再掲をしていました。

その方法とは、爪楊枝を使うというもの。

方法は意外と簡単。爪楊枝の頭(みぞの付いている側)に糸を結びつけて、あとは普通の針のように縫っていきます。

注意点としては「生地によっては穴が広がったり、(爪楊枝を)

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加