「安く酔える」 酒税一本化に備え各社ビールを強化

「安く酔える」 酒税一本化に備え各社ビールを強化

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/11
No image

動画を見る(元記事へ)

「安く酔える」ビールがトレンドになりそうです。

キリンビールが11日に発表したのは、アルコール分を高めたアルコール分6%の第3のビール「本麒麟」です。消費者の厳しい節約志向は続いていて、少ない量でも満足できる高アルコール商品の需要が高まっているとしています。アサヒビールも大手として初めてアルコール分7%のビールを4月に発売すると発表しました。一方、ビール類の市場は減少が続く見込みですが、酒税一本化に備えて各社ビールに力を入れる方針を打ち出していて、サッポロビールやサントリーも「黒ラベル」や「ザ・プレミアム・モルツ」を強化すると発表しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コメダ、驚異的高収益の秘密はパンのメニュー大量投入?凋落のスタバと真逆戦略で無敵
アメリカでも批判噴出。メイド・イン・ジャパンを誇れなくなる日は近い?
佐川急便、上場で億万長者ドライバー続出?
電通が有名ベンチャー企業にあてた「謝罪文」を入手!一体なにが...?
この10年、日本の大企業で「品質問題」が続発する理由がわかった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加