マスチェラーノ、バルサ退団か W杯へ向け、出場機会求めて中国へ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/05

スペイン1部リーグ、バルセロナのアルゼンチン代表MFマスチェラーノが年明けの冬市場でチームを退団する可能性があるという。バルセロナを拠点に展開するスポーツ紙エル・ムンド・デポルティボ紙が伝えている。

同紙によると、マスチェラーノには中国のクラブからの引き抜き話があり、2019年まで契約が残っているバルセロナに対し退団の意向を伝えているという。今季から指揮のバルベルデ監督下で出場機会を失っており、アルゼンチン代表としてのロシアW杯出場に向け所属クラブでの定期的なプレーを望んでいるとされる。

レギュラーのDFユムティティが負傷し2カ月戦線離脱するものの、2010年から所属しているバルセロナを出て行く考えは変わらないという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
岡崎慎司が練習場でマハレズと本気バトル! 英紙は「いまのレスターの雰囲気の良さが...」
アーセナルが最後の一押し...エジル残留に向けて新オファー提示へ
本田がクラブW杯初出場&勝利に持論を展開 「こんなに内容がどうでもいい大会はない」
先制弾スアレス 試合振り返る
今季J2で19位の讃岐、川村延廣氏が代表取締役社長に就任「力を尽くしたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加