見て触るだけで癒される動くしっぽクッション『Qoobo』

見て触るだけで癒される動くしっぽクッション『Qoobo』

  • @DIME
  • 更新日:2017/11/12
No image

心と体が常に疲弊しているといわれている現代人。

日々のストレスに胃がやられ、目がショボショボして、貧乏ゆすりが止められず、トイレも近くなり、やけ食いで一層太って血糖値が危険値越えになった筆者です。

何かストレス解消ができる手段があれば良いのですが、どこかに出かけるにはお金がかかるし、デジタルガジェットの自暴自棄買いをしてもお金がかかります。

映画や音楽を楽しもうと思ってもお金がかかるし、とにかく何をしてもお金がかかるので、なかなか心の疲弊を解消できません。

デジタルガジェット全盛のこの時代、見て触るだけで心を癒やせる、そんな都合の良い商品は存在しないのでしょうか……?

実はあります。

このたび、クラウドファンディングサイト(不特定多数の人がインターネット経由で、財源の提供や協力などを行うこと)のkickstaterで、何コレ可愛い!インタラクティブなしっぽクッション「Qoobo A pillow with a wagging tail」が発表されています!

Qoobo : A pillow with a wagging tail

No image

http://www.ux-xu.com/?language=jp

No image

Qoobo | 心を癒やす、しっぽクッション。

No image

Qooboは、しっぽの付いた、クッション型セラピー・ロボットです。

Qoobo(クーボ)を

●そっと撫でるとふわふわと。
●たくさん撫でるとぶんぶんと。
●そしてときどき気まぐれに。

しっぽを振って応えてくれます。

まるで動物を飼っているかの様に、癒やされます。

No image

もちろん、普通のクッションとしても使えます。

No image

ユーザーはQooboの撫で方に対する反応を、まるで生きている動物と関連しているかのように感じられ、快適感が与えられます。

ユカイ工学は、ペットアレルギーやアパート居住者を含むペットを所有していない人を含むすべての人々が、動物が与えてくれる「癒やし」を体験できる様に、ロボットエンジニアリングの専門知識と経験を使いたいと考えました。

今後も動物の尾の動きについての調査を続け、ユーザーにさらに現実的な体験を提供します。

No image
No image

ゆっくり尻尾を振ったり…。

No image

激しく尻尾を振ったり…。

No image

優しく尻尾を振ったり…。

Qooboは、膝や腕の上で快適に感じる大きさ、重さ、質感に細心の注意を払われて作られました。

No image

色は「HUSKY GRAY」と「FRENCH BROWN」の2色が提供されます。

毛皮や尻尾の動きはQooboの、唯一の動物的な要素の機能なので、かえってユーザーは犬や猫、もしくはほかの動物だろうかと色々楽しんで想像できます。

毛皮のカバーは取り外し可能です。

今後リリースされる予定の毛皮のテンプレートで、自分なりのオリジナルのQooboをデザインできます。

仕様は以下の通りです。

サイズ:幅330×高さ160×奥行き540(mm)
重量:約1000g
電源:アルカリ電池または充電式電池(TBC)
付属品:充電用ACアダプター(充電式バッテリーの場合)
バッテリー保持時間:8時間以上
サイズ:幅330×高さ160×
奥行き 540(mm) 重量:約1000g
電源:乾電池または充電池(未定)付属
品:充電用のACアダプター(充電池の場合)
電池持ち時間: 8h以上

No image

何コレ可愛い!インタラクティブなしっぽクッション「Qoobo A pillow with a wagging tail」。

今後はインタラクティブな枕を希望します!寝にくそうだけど!

※記事については、執筆時点でネットに公開された資料や取材による情報に基づく商品やサービスの紹介風のエッセイとなりますが、筆者及び編集部はその内容や継続性等を保障するものでは御座いません。(特に海外メーカーの場合、公開された仕様と実際の仕様が異なる場合があります。)
※海外通販の購入(輸入)やクラウドファンディングの出資については、筆者及び編集部はその商品やプロジェクトを保障するものでは御座いません。輸入や出資は自己責任となります。ご注意下さい。
※技術基準適合証明(技適)を取れていない商品がある場合、その機器の「使用」を勧めるものでは御座いません。購入、利用に於いては、あくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。

文/FURU

デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ネタがテーマの漫画を得意とする→http://www.furuyan.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ダイソーに最強のホッチキス現る 中綴じが簡単すぎて快感すら覚える...
目を逸らすな。「とんねるず」問題の裏で自殺を考えた人のいる現実
山田優ヤバイ!衝撃的な「激ヤセ」写真公開でファン「気持ち悪い」と酷評。
「残業するな」「いいから帰れ」 会社員の4割が“ジタハラ”に悩み 高橋書店の調査
「白バイ」ぽい格好でバイクに乗ったら、周りの車も安全運転に。でもこれってOKなの?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加