リンゴ印のライフハック 第72回 「ハンドオフ」のひと工夫でMacとiPhoneの連携がもっと便利に

リンゴ印のライフハック 第72回 「ハンドオフ」のひと工夫でMacとiPhoneの連携がもっと便利に

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/04/17
No image

iPhoneを使うMacユーザなら抑えておきたいワザのひとつに「ハンドオフ」があります。iPhoneからMacへ、MacからiPhoneへとアプリの状態を引き継ぐことが目的の機能ですが、うまく使えばもっと……今回は、ハンドオフを利用した便利ワザを紹介します。

○ハンドオフの基本

ハンドオフは、MacとiPhoneで共通のアプリが連携することにより、アプリの作業内容を手渡し(hand off)する機能です。利用にはOS X Yosemite以降が動作するBluetooth 5.0対応のMacと、iOS 8以降が動作するiPhone/iPadが必要となりますが、ここ4、5年以内のモデルに購入した製品であれば対応していることでしょう。

ハンドオフでは、MacとiPhoneがBluetooth LE(BLE)で互いを確認し、必要に応じて回線をWi-Fiに切り替えることで高速なやり取りを実現します。BLEの消費電力はとても少ないため、常時オンにしていてもバッテリーの減りにはわずかな影響しかありません。ハンドオフは"Mac/iOSデバイス間の手渡し"だけでなく、"BLE/Wi-Fi間の手渡し"でもあるのです。

機能を利用するためには、BluetoothとWi-Fiを有効にしておく必要があるほか、Macではシステム環境設定「一般」パネルの「このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可」を、iOSデバイスでは「設定」→「一般」→「Handoff」にあるスイッチをそれぞれオンにしておきます。また、ハンドオフを行うMacとiOSデバイスは、同じApple IDでサインインしていなければなりません。

前述の設定さえ完了していれば、ハンドオフはすぐに利用できます。アプリでの作業をMacからiPhoneへ引き継ぐときはiPhoneのタスクスイッチャー画面を、iPhoneからMacへ引き継ぐときはドックの左端を確認します。ハンドオフが可能なときは、そこに引き継ぎ対象のアプリアイコンが表示されるはずです。

下の表は、macOS/iOSに標準装備されているハンドオフ対応アプリです。これ以外にも、Apple製品であればNumbers/Pages/Keynoteが対応していますし、サードパーティー製アプリにもハンドオフ対応をうたうものが存在します。Macで、iPhone/iPadで開いているアプリ画面が引き継がれるという機能に変わりはないものの、「メール」では受信リスト表示時にはハンドオフが発動しない(メッセージ作成画面を開いているときだけ発動)など多少の違いがあるため、まずは試してみましょう。

○ハンドオフの引き継ぎかたにはコツがある!

アプリの状態をMac/iOSデバイス間で相互に引き継ぐことがハンドオフの趣旨ですが、機能の特徴を理解するとより便利に使えます。ここでは、その具体事例を2つ紹介します。

Macで興味深いiOSアプリを見つけたときには

MacでWEBブラウジング中に興味深いiOSアプリを発見したとき、どうしますか? Appleのアプリプレビューサイトには「このAppは、iOSデバイス向けApp Storeでのみ利用可能です」と表示されますから、iOSデバイスのApp Storeアプリで検索し直さなければならない、と判断してしまいがちです。

しかし、この場面こそハンドオフの生かしどころです。Appleのアプリプレビューサイトを開いたままiPhone/iPadに持ち替え、アプリスイッチャーを表示してSafariボタンをタップしてみましょう。起動したSafariで「このページを"App Store"で開きますか?」と訊ねられるので、「開く」をタップすると目的のアプリの詳細画面を開いた状態でApp Storeアプリが起動します。これで、アプリを検索し直す必要がなくなりますね。

Mac上のファイルを添付したメールをiPhoneから送信

外出先でMacを使い書類を作成、それをメールに添付していざ送信……と思ったらWi-Fiアクセスポイントがない、という経験はありませんか? そんなときは、iPhoneでテザリングを有効にしてMacをネット接続させて、という手続きが基本的な対策になりますが、メール1通だけのためにテザリングを使うのはいかがなものでしょう。テザリングの有償化に踏み切ったキャリアもあることですし、この方法を使えないものとして対策を練る時期なのかもしれません。

ハンドオフは、この問題に対する新たな答えになります。Macでファイルを添付したメールを作成し、送信する直前の状態でiPhoneにハンドオフしましょう。ハンドオフするとき本文とあわせて添付ファイルもiPhoneへ転送されますから、送信元のアドレスをiPhoneで利用できるものに変更するなど体裁を整えるだけで送信できます。テザリングなしでも、結構なんとかなりますよ!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2019年に発売と噂のトリプルカメラiPhone、コンセプトデザインで検証
【iPhone SE 2】ホームボタンはあるけど、イヤホンジャックが無くなるかも
iPhone SE 2、間もなく発売?すでに量産が開始との情報
MacBook Proの「バッテリー無償交換プログラム」開始!対象か調べる方法はこちら
macOS 10.14では「ダークモード」が登場する!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加