【J1採点&寸評】札幌2-1横浜|劣勢覆したミシャ采配! 再三のピンチを凌いだ韓国人守護神を最高評価

【J1採点&寸評】札幌2-1横浜|劣勢覆したミシャ采配! 再三のピンチを凌いだ韓国人守護神を最高評価

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/04/26
No image

前半ペースを掴んだ横浜が、金井のゴールで流れのままに先制したが、後半は勢いが続かなかった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

No image

【警告】札幌=深井(23分)、チャナティップ(83分) 横浜=天野(70分) 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】ク・ソンユン(札幌)

No image

激しい試合のなかでも互いに健闘を称え合う光景も見られた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

No image

札幌の進藤が逆転弾を決めるも、チームメイトは殊勲者を“放置”してベンチ前で歓喜の輪を作る斬新な祝福方法を披露した。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

No image

【警告】札幌=深井(23分)、チャナティップ(83分) 横浜=天野(70分) 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】ク・ソンユン(札幌)

[J1リーグ10節]札幌2-1横浜/4月25日/札幌厚別

【チーム採点・寸評】
札幌 6.5
前半は相手のパスワークに翻弄され、とりわけ右サイドの守備が後手に回り続けていたが。しかし、後半から4バック気味のシステムに変更してからは守備が一気に安定し、逆転勝利を引き寄せた。

【札幌|採点・寸評】
GK
25 ク・ソンユン 7
ピンチが多いながらも、終始安定したプレーを見せていた。終了間際にはビッグセーブを見せて勝利に貢献。

DF
35 進藤亮佑 6.5
前半は守備がハマらず苦労をしていたが、マンツーマンに近い守り方にした後半は思い切った攻撃参加から決勝弾をゲット。

20 キムミンテ 6.5
持ち前のスピードをこの日も発揮していた。パスミスでピンチも招いていたが、それを以上に守備力を発揮していた。

5 福森晃斗 5.5
チーム全体として落ち着いてボールを持てる時間が多くなく、攻撃面ではなかなか特徴を発揮しきれなかった。
MF
14 駒井善成 6
得意のドリブルを発揮する回数は少なかったが、それ以上に粘り強い守備を見せて存在感を発揮していた。

8 深井一希 5.5(79分OUT)
ボール奪取を仕掛ける場面があまり多くなく、単純にスペースを埋めるだけという局面が目立っていた。

10 宮澤裕樹 5.5
常に相手選手に囲まれた状態で、冷静にボールを動かすことができず。守備に奔走させられた印象が強い。

38 菅 大輝 5.5(87分OUT)
決勝弾をアシストしたものの、攻め上がる場面は決して多くはなく、どちらかといえば最終ラインに吸収されがちだった。
MF
41 三好康児 5.5(71分OUT)
敵ディフェンスラインの背後を突こうとはするものの、結実せず。一方で攻から守への切り替えの遅さが目についた。

18 チャナティップ 5.5
鋭いドリブルは何度も見せていたものの、周囲にフォローがないシチュエーションが多く、どれも不発となった。

FW
9 都倉 賢  7
この選手の責任ではないが、ボールが収まる場面は少なかった。しかしながら、しっかり得点を奪うところはさすがの一言。
交代出場
MF
27 荒野拓馬 6.5(71分IN)
豊富な運動量を発揮し、連戦の最中で疲労を溜めていたイレブンをプレーで力強く鼓舞していた。

MF
6 兵藤慎剛 -(79分IN)
出場時間は決して多くはなかったが、しっかりとチームを落ち着かせて古巣から白星を奪ってみせた。

DF
32 石川直樹 -(87分IN)
短いプレー時間ではあったが、1点差で試合終了間際に差し掛かる難しい時間帯のなかで冷静に逃げ切りに貢献した。

監督
ペトロヴィッチ 6.5
前節とほぼ同じ顔ぶれで臨みながらも、後半はシステムに変化をつけることで劣勢の試合を勝利へと導いた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
横浜 6
まさに今季の戦いをそのまま継続させてしまった。ボールこそ支配するものの、決定力を欠き、同時に肝心なところで相手にチャンスをモノにされる。内容的には高評価を与えたいが、結果が出ないだけに状況は厳しい。

【横浜|採点・寸評】
GK
21 飯倉大樹 6
相変わらずチームの中心として最後方からチームを動かしていた。この選手のためにもチームとして結果を出したいところ。

DF
27 松原 健 5.5
試合展開を考えればもっと相手の背後を突けるはずだったが、思い切りが足りなかったのか、崩しきれず。

22 中澤佑二  6
パワーと安定感は見事というしかない。先制点もアシストした。ただし、最終的に失点を喫してしまったところは辛い。
13 金井貢史 5.5
先制ゴールを含め、試合全体を通してのパフォーマンスは悪くなかったが、結果として自身のサイドから2失点してしまったのは厳しい。

24 山中亮輔 6
巧みな位置取りで相手をおびき出したり、背後を突くなど好パフォーマンスを見せていた。だが、決定機は生み出しきれず。

MF
6 扇原貴宏 5.5(80分OUT)
中盤の底で攻守に貢献をしていたものの、決定機を生み出しきれず。CKが多かったことを踏まえると、もう1アシストしたかった。

14 天野 純  6
中盤の底から周囲とうまく連動して前線に顔を出していたものの、そこから先には進めず。もう一押ししたかった。

9 大津祐樹 5.5(74分 OUT)
チーム全体として前半はうまくゲームを運べていただけに、そのなかで持ち前の攻撃センスを発揮したかったのだが、出しきれず。
FW
19 仲川輝人 5(74分OUT)
チームとして数多くのチャンスを作っていたことを考えると、アタッカーがシュートゼロというのはいただけない。

7 ウーゴ・ヴィエイラ 5.5
チャンスも多く、シュートは4本放った。しかし、4得点を挙げた前節のような活躍が期待されるも、叶わず。

25 ユン・イルロク  6
前半は抜群のポジショニングで完全に札幌守備陣を翻弄していたが、相手が後半に修正をしてからはパワーダウン。
交代出場
MF
17 中町公祐 5.5(74分IN)
パスワークにさらなるスピード、クオリティをつけることを求められたが、使命を果たせず。

FW
11 遠藤渓太 5.5(74分IN)
同点を目指して投入されたものの、シュートを打つことができず、役目を果たせなかった。

FW
16 伊藤 翔 -(80分IN)
相手ゴール前でパワーを見せたかったのだが、結局ボールになかなか絡めなかった。

監督
アンジェ・ポステコグルー 4.5
チームのパフォーマンス自体は良かっただけに、結果の部分は指揮官を厳しく評するしかないだろう。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「審判の笛は聞こえていたか」 日大選手会見、元関学QB有馬隼人の「重い質問」
【会見詳報3】悪質タックル被害選手の父「何か違う力が働いているという情報がたくさんあります」/アメフット
アメフト問題、日大に対する力関係も一因? 松本人志「出たよ...」忖度に呆れ顔
井上コーチ弁明にネット「意味不明」 日大会見で「QB潰せ、は色んな意味」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加