ソフトBドラ2高橋礼 ブルペン球団新人一番乗り 22日は大学定期試験

ソフトBドラ2高橋礼 ブルペン球団新人一番乗り 22日は大学定期試験

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/22

ソフトバンクのサブマリンがその姿を一部現した。福岡県筑後市のファーム施設で新人合同自主トレに参加しているドラフト2位・高橋礼(専大)が球団の新人一番乗りでブルペン入り。リリースポイントは地面から、わずか10センチ。軸足の右足甲がマウンドを擦る音が途切れると、白球は打者に向かって浮き上がる独特の軌道をたどってミットに収まる。

No image

ブルペンで投げ込む高橋礼

「平地ではバランス良く投げられていたけど、傾斜を使うと前に突っ込んでる感じがあった。初日なので難しく考えずに、これからつくっていきたい」

25球全て直球。後半の12球は捕手に中腰で構えてもらった。全力投球すれば右膝が地面を擦るため、トレーニングウエア着用の自主トレ期間中は「50%くらい」にセーブ。ユニホームをまとう宮崎キャンプまで「本気のサブマリン」はベールに包まれたままだ。それでも、捕手を務めた加藤ブルペン担当は「(実測より)体感速度は速かった」と話した。

専大2年だった15年のユニバーシアード日本代表壮行試合でNPB選抜と対戦。西武・山川を内角直球で二ゴロに打ち取るなど、1イニングを3者凡退に抑え「コースをしっかり投げれば抑えられると思った」と手応えを得た。

22日は大学の定期試験を受けるため、練習後に上京するなど卒業単位取得のため大忙し。キャンプまでに、あと2回はブルペン入りする予定だ。鷹のサブマリンの全貌が明らかになる日が待ち遠しい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小平 銀の李相花に「リスペクトしているよ」“特別の友達”称え合う
小平の金に地元も歓喜 「タイムもメダルも最高」
大谷翔平、投手コーチに続き、打撃コーチも「完璧」と太鼓判
台湾で2年連続4割超の王柏融に日本球界経験者も太鼓判「彼は成功すると思う」
阪神島田バット◎も2盗塁死...失敗を糧に/新顔通信
  • このエントリーをはてなブックマークに追加