[プリンスリーグ北信越]首位・富山一が新潟U-18にウノゼロ勝利:第15節2日目

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/09/18

『高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ北信越』は17日、第15節2日目を行った。

首位に立つ富山一高(富山)はアルビレックス新潟U-18(新潟)と対戦し、FW大竹将吾の決勝点により1-0で完封勝ち。一方で、開幕から14試合連続ゴール中だったFW坪井清志郎の連続記録は惜しくも途絶えた。

富山一と勝ち点4差で2位の帝京長岡高(新潟)は鵬学園高(石川)と対戦し、MF陶山勇磨の今季11点目などで6-0で快勝。4位の新潟明訓高(新潟)は、MF佐藤亮太の2ゴールにより長岡向陵高(新潟)を3-0で下している。

以下、第15節日程と結果

【第15節】
(9月16日)
[星稜高校]
星稜高4-1新潟西高
[星]岩岸宗志2(16分、56分)、有馬大勢(22分)、敷田唯(83分)
[新]椎谷蓮(78分)

(9月17日)
[新潟明訓高校]
新潟明訓高3-0長岡向陵高
[新]稲見直也(58分)、佐藤亮太2(64分、90分+3)

アルビレックス新潟U-180-1富山一高
[富]大竹将吾(37分)

[七尾市城山陸上競技場]
鵬学園高0-6帝京長岡高
[帝]小林歩夢(32分)、オウンゴール(45分)、安田光希(49分)、矢尾板岳斗(63分)、晴山岬(65分)、陶山勇磨(88分)

(9月18日)
[北越高校]
北越高10:30日本文理高
●2017 プリンスリーグ北信越

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中村憲剛が語ったポドルスキ対策。川崎の重鎮は元独代表10番をどう見たのか?
鹿島 5連勝でVへ独走態勢! DF植田がハリル監督の前でロスタイム弾
WoT「第3次PCメーカー対抗トーナメント」連覇の王者GALLERIAに挑んだG-GEAR、白熱した勝負の行方は!? - TGS2017
川崎FドローでV遠のく 大島負傷で長期離脱は必至
日テレ4度目V3 得点女王FW田中美南がトドメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加