「クリスティアーノから目を離すな」、ジダン監督がエース復活に自信

「クリスティアーノから目を離すな」、ジダン監督がエース復活に自信

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/12/07
No image

サッカー欧州チャンピオンズリーグのボルシア・ドルトムント戦を控え、記者会見に臨むレアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督(2017年12月5日撮影)。

【AFP=時事】今週発表されるバロンドールで5回目の受賞が有力視されるものの、今季は状態の悪さが指摘されているレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドについて、チームを率いるジネディーヌ・ジダン監督が5日、批判する人間はここからのロナウドをよく見ておけと話している。

今季のロナウドは、リーグ戦10試合に出場してわずか2ゴールしか挙げることができず、チームも首位FCバルセロナに勝ち点8差をつけられている。しかし欧州チャンピオンズリーグでは5戦8発で得点ランキングのトップに立っており、リーグでもすぐに調子を取り戻すはずだとジダン監督は考えている。

この日、チャンピオンズリーグのボルシア・ドルトムント戦に向けた会見に臨んだジダン監督は「クリスティアーノはとびきりの選手。だから少しでも普段通りでなくなると、誰もが話題にしたがる」と話した。

「ゴールが生まれるようになるまで、本人は努力を続けるだろう。そう遠くない昔、ほんの1年前には驚異的なシーズンを送っていたんだ。シーズンはまだ長く、やっと折り返しに差しかかった段階にすぎない。クリスティアーノから目を離すなと言いたいね」

カリム・ベンゼマの出来にもむらがある中で、ここまでは得点力不足がレアルのネックになっている。9月まで73試合連続得点を記録していたチームが、リーグここ10戦では無得点に終わった試合が3回もあり、直近のアスレティック・ビルバオ戦もスコアレスドローだった。

それでもジダン監督は、最近ではバレンシアのマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が指摘したように、アルバロ・モラタやハメス・ロドリゲス、ペペらをオフに失ったレアルは昨季より戦力が落ちたという意見を否定している。

「得点がもっと必要なのは確かだ。リーグで首位と勝ち点8差というのは理想的な状況ではない。しかし私は慌てていない。流れは遅かれ早かれ変わるからだ。外野が何と言おうと、私が目にしているものはおそらく彼らには見えていない。それに、チームがこれまで成し遂げてきたことも忘れてはならない。もちろん、私は忘れたことがない」

レアルの入ったグループHでは、すでにトッテナム・ホットスパーの首位とレアルの2位が確定しているため、ドルトムント戦は消化試合となる。

チームは週末にホームでセビージャと対戦した後、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビへ飛んでクラブW杯に参戦し、帰国後の23日には本拠地でバルセロナとの伝統の一戦「エル・クラシコ(El Clasico)」に臨むという過酷な日程が待っているため、監督は大胆なローテーションを採用するとみられる。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「最初の試合で勝てた...」アフリカ王者撃破で世界5位にも浦和・柏木がレアル戦逃した悔しさを爆発
本田が主役! CWC準決勝南米王者グレミオ戦でパチューカが互角展開で、死闘は延長戦に
満足感の浦和MF柏木「(相手は)初戦より強かった。勝てて良かった」。攻撃に手応え「ミシャの時に近い感じに」
浦和 3発快勝!クラブW杯5位で“高額賞金”獲得
【報ステ】パンダのシャンシャン、公開まで1週間
  • このエントリーをはてなブックマークに追加