ヘルタの3位浮上に貢献した原口元気。今後はもっと貪欲にゴールも狙ってほしい

ヘルタの3位浮上に貢献した原口元気。今後はもっと貪欲にゴールも狙ってほしい

  • J SPORTS
  • 更新日:2016/11/29
No image

今や、すっかり日本代表のエース格となったヘルタ・ベルリンの原口元気。代表ウィーク明けのアウグスブルク戦では先発回避となったが、ブンデスリーガ第12節、ホームのマインツ戦ではしっかりと先発に復帰し、フル出場を果たした。

かつて浦和レッズでプレーしていた頃の原口は、自分の間合いでドリブルを仕掛け、相手と接触して倒れるとレフェリーの顔を窺うような淡泊なプレーヤーだった。だが、ドイツに渡ってからは本当に闘えるフットボーラーとして見違えるように成長。今では、地元ベルリンの観客たちも原口の闘う姿に声援を送っているし、チーム内で最も闘える選手としての信頼を勝ち取っている。

さて、マインツ戦はヘルタが立ち上がりからしっかりとポゼッションを高めてマインツの堅陣突破を図っていたが、25分にショートカウンターからマインツに先制を許してしまう。その後、36分にエースのヴェダド・イビセビッチのゴールで同点に追いつき、さらに後半に入ってマインツのジャン=フィリップ・グバミンが退場となり、数的優位に立ったヘルタが、やや幸運なイビセビッチの2点目で逆転勝利した。

ホームでの開幕6連勝となったこの勝利によって、ヘルタは混戦のブンデスリーガで3位まで順位を上げたものの、試合内容としてはイビセビッチのシュート・テクニックといくつかの幸運に助けられた勝利であり、けっして快勝と言い切れるものではなかった。

そんな中で、原口はたしかにチームの勝利に貢献はしていた。

「闘うプレーヤー」として中盤での守備を助け、またサイドでボールを収めることで時間を作ることもできていた。だが、右サイドハーフというポジションであれば、もっと攻撃に力を割き、得点に絡むプレーを見たいものだ。

もちろん、ヘルタというブンデスリーガ上位に付けているチームでレギュラーの座を揺るぎないものにし、チーム内で最も闘えるプレーヤーとなっているのは素晴らしいこと。「それ以上」を求めるのは贅沢ではあるのだろうが、やはり原口には代表と同じようにヘルタでも得点に絡む動きを期待したいのだ。

マインツ戦の原口の最大の見せ場は、前半マインツに先制された後の時間帯に中盤で相手のパスコースを読んで、スプリントをかけてインターセプト。そして、ドリブルで持ち込んで相手のファウルを誘った場面だった。

つまり、原口の主戦場はやはり中盤だった。その他の場面でも、中盤でしっかり守備をしたり、つなぎに入ったりといったプレーが目立っていた。

たしかに、チーム全体としてパスの回り方がスムースではなく、とくに原口と右サイドでコンビを組むサイドバックのペテル・ペカリークとの呼吸が合わない場面が多かったので、原口としてはゲームに参加するためには中盤に引かざるを得なかったのだろうが、しかし、時にはサイドから強引なドリブル突破を図るなど、もっとエゴイスティックなプレーをしてもよかったような気がする。

なにしろ、浦和時代にはエゴイスティックが代名詞のような選手だったのだから……。

また、後半のアディショナルタイムには、原口がドリブルでカウンターを仕掛けた場面があった。相手のGKは攻撃に上がっており、慌てて戻っていた場面だけに、ロングシュートを狙うこともできたし、そのままドリブル突破を図ってもいい場面だったが、原口は左サイドでフリーになっていたアレクサンダー・エスバインへのパスを選択した(エスバインはシュートミス)。

原口のパス選択は「冷静なプレー」ではあったのだが、1点リードし、残り時間もほとんどない状況だったのだから、あの場面では強引に自らの得点を狙うことも許されたのではないか。

チームの躍進に大いに貢献している原口だが、12節終了時点でまだゴールを決めていない。もちろん、ドイツのサッカー文化を考えれば、得点を決めなくても、あれだけ闘っているプレーヤーは高く評価されるはずだ。だが、やはりアタッカーである以上、そろそろ「決めてくれ」という雰囲気は高まってくるはず。

ヘルタでは右サイドで起用される原口だが、得点に絡むためには日本代表でのように左サイドで起用すべきなのかもしれない(逆に、中盤で守備に貢献しているプレーぶりを見ていると、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が原口をボランチでも起用できると語っていることも納得することもできる)。

いずれにしても、次節以降、原口にはさらに攻撃的なプレーを期待したいものである。ヘルタの絶対エースであるイビシェビッチは、マインツ戦で退場処分を受けて次節のヴォルフスブルク戦は出場停止。他の選手にも得点に絡むことが、さらに要求される試合となるはずでもある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【真似しちゃダメ!】22人全員が泥酔してサッカーをする、ある検証ビデオが話題に
「これはサッカー史に残る!」GKによるビューティフルな劇的ゴールが決まる(動画)
墜落事故生存者「死にたい」
金森さらばアビスパ福岡 J1王者鹿島へ フル代表目指し苦渋の決断
バルサ痛恨......終了間際にS・ラモスの同点ゴールを許してクラシコはドロー

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加